三重県の保険の事なら東京海上日動代理店のSKライフ株式会社へ

トップ > 保険コラム > 自動車保険 > 軽自動車の場合は、自賠責保険への加入は必要?必要ない?

軽自動車の場合は、自賠責保険への加入は必要?必要ない?

軽自動車の自賠責保険について紹介します。

自賠責保険はすべての自動車に加入義務有り

自動車の自賠責保険は、交通事故を起こした際の損害補償として道路交通法で加入が義務付けられています。

この自動車とは軽自動車、原付きバイクなども含むので、軽自動車も自賠責保険の加入対象です。

自賠責保険に加入していないと、自動車の登録をしたり車検を受けることができません。

 

法律違反で罰則されてしまうため、軽自動車でも自賠責保険には加入は必要となってます。

また保険の目的を考えると軽自動車も小型車や普通車と同様に自賠責保険だけでなく、任意保険にも加入することをお勧めします。

 

 

自賠責保険は誰のための保険か

自動車全般に自賠責保険の加入が義務付けられている目的としては、「自動車事故の被害者」を救済するためです。

自動車事故で後遺障害などが残ると、治療のため勤務できない期間や治療費が発生します。

事故に巻き込まれたことで事故の入院、治療により生活ができないことに対して救済するためで、自動車事故の加害者を救済する目的ではありません。

 

 

自動車に乗るなら任意保険が必要な理由

任意保険は自動車事故の際に加害者となってしまった際に加害者側を救済する目的の保険です。

自賠責保険は被害者に限度額の範囲内で支払いはされますが、過失がある加害者には治療費は支払われません。

また、自動車を含めた「相手の物」を壊してしまった時の修理代も自賠責保険からは損害賠償は支払い対象外です。

 

更に事故によっては被害者からの治療費や慰謝料の請求が高額となってしまい、自賠責の限度額を超えてしまうと加害者が残りの金額を負担しなければいけず、その金額は数千万円から億単位の金額になることもあります。

 

こうした自賠保険では補償されない下記の部分を補うのが任意保険です。

  • 相手の自動車や物の損害賠償

  • 相手の治療費などで自賠責では不足している金額

  • 自分の自動車の修理代

 

自動車同士の事故で自分が被害者側であった場合も、契約内容によっては下記が任意保険からは支払われます。

  • 自分の車の修理代

  • 相手が任意保険に加入しておらず、かつ損害賠償の支払い能力がない場合

 

まとめ

自動車事故は、どちらがどれだけ運転に問題があったを比較する「過失割合」があり、安全運転をしていた場合でも自分に対象の過失が発生することもよくあります。

そのためどんなに運転が上手い方でも、自動車の種類に関わらず任意保険には加入するべき保険と言えます。

保険料は保険会社によって異なりますので、状況に合わせてお得になる保険を選びましょう。

 

 

一覧に戻る