三重県の保険の事なら東京海上日動代理店のSKライフ株式会社へ

トップ > 保険コラム > 自動車保険 > 初めてマイカーを購入した人におすすめ!自賠責保険に関する3つのポイント

初めてマイカーを購入した人におすすめ!自賠責保険に関する3つのポイント

自賠責保険の3つのポイントを紹介します。

1.自賠責保険と任意保険の違い

はじめてマイカーを購入すると自賠責保険と任意保険の違いがわかりづらいですが、主な違いは下記の通りです。

 

自賠責保険

任意保険

加入義務

法律により加入必須
なっている

加入は自由

損害賠償

相手の体への補償のみで最大限度額あり

保険内容によって異なるが、相手の怪我や修理は無制限が多い

 

自賠責保険は必ず加入しなければいけないですが、補償の範囲が限られています。

自賠責で足りない分を補うのが任意保険です。

 

 

2.自賠責の最大補償金額

自賠責の補償金額は下記の通りです。

 

相手の傷害治療費

120万円

相手の後遺障害慰謝料

4,000万円

相手が死亡した場合

3,000万円

相手の自動車や所有物

補償なし

自分の治療費

補償なし

自分の自動車や搭乗者、所有物

補償なし

 

交通事故の損害賠償事例

身近で事故にあった話などがなければ事故の損害賠償額金額の検討がつかないと思いますが、相手の職業や年齢によって金額は大きく変わります。

 

もし被害者に後遺障害が発生し、その被害者が若かったり高収入の職業の人だと金額が大きくなり、1億などを超えることもあるのです。

自賠責保険ではこうした事例では補償金額が充分とは言えません。

 

 

3.事故時の対応

自賠責保険は、損害の補償のみでロードサービスや相手との代理交渉、弁護士特約などはありません。

 

ロードサービスとは

事故が発生するとそこから自動車を運転できなくなるため、レッカー車で移送する必要がありますが、JAFなどに依頼すると料金が発生することがあります。

これを一定条件の範囲で無料で行ってくれるのがロードサービスです。

ロードサービスは事故時だけでなく、急なパンクやガス欠の際も利用できます。

 

代理交渉とは

事故が発生した際は警察に連絡して現場検証をしたり、後日相手との損害賠償をまとめる話し合いである「示談交渉」をしなければいけません。

事故を起こすと多くの人はパニックになってしまいます。

そんななか自身で示談交渉を進めていくのが大変ですが、代わりに事故の知識をもつプロである保険会社が代わりに話を進めてくれるのが代理交渉です。

 

弁護士特約とは

保険会社の代理交渉は事故で自分に過失がなければ対応してもらえません。

その場合に交渉を依頼するプロは弁護士になりますが、弁護士は費用が発生する場合があります。

この弁護士費用がかからないのが弁護士特約です。

 

 

まとめ

加入義務があるのは自賠責保険だけですが、大きな事故を起こしてしまった時や事故で自分や相手の自動車を破損させてしまった時のことを考えると自賠責保険だけでは不充分です。

自動車事故は自分がどれだけ注意をしても発生する可能性がありますので、万が一の事故に備えて任意保険には加入することをおすすめします。

 

一覧に戻る