三重県の保険の事なら東京海上日動代理店のSKライフ株式会社へ

トップ > 保険コラム > 自動車保険 > 福祉車両を利用している方必見!保険料が割安になる2つの条件

福祉車両を利用している方必見!保険料が割安になる2つの条件

保険をかけている自動車が福祉車両であれば、保険会社によって割引を受けられることがあります。

条件1:自動車が福祉車両であること

まず自動車が福祉車両でなければいけません。

何をもって「福祉車両と認める」かの確認方法は保険会社によって異なります。

 

厚生労働省で消費税・自動車税が非課税となる自動車が定められており、一般的にはこの非課税対象の自動車が福祉車両にあたります。

 

確認方法

割引の条件として、「運転者が障がい者」ではなく「自動車が福祉車両」であることが条件となっているので、確認方法としては身体障がい者手帳ではなく車検証を保険会社が確認するのが一般的です。

 

通常は車検証の「車体部分の形状」の欄に下記の記載があります。

  • 車椅子移動車
  • 身体障がい者輸送車
  • 入浴車 

など

 

福祉車両とは

福祉車両とは、車いすや移動車などの種類があり、主には車椅子と車椅子の人を乗せることのできる自動車、もしくは体の不自由な人が運転できるような仕様となっている車のことをいいます。

 

下記の種類があります。

 

車椅子の昇降装置がある車


  • 座席が外側に出るサイドリフトアップシート装着車

  • サイドアクセス車

  • 助手席回転シート車

足の不自由により操作できない場合に装置をつけている


  • 手動装置

  • 左足用アクセル

  • 右駐車ブレーキレバー

 

これらは自動車所得税や自動車税が非課税であり、車のナンバーも8ナンバーとなっているかと思います。

 

条件2:重複できない割引が他にない

自動車保険には様々な福祉車両の他にも状況に合わせた割引サービスがあり、種類によっては重複できない割引があります。

例えば、エコカー割引など自動車の形状や装置で割引となるものは重複しないことが多いです。

あくまで重複しないというだけですので、どちらか一方が適用となります。

 

通常車を福祉車両に改造したものは?

元々障がい者用の設備がない車を改造して福祉車両としているケースもあると思います。

この場合、車検証に改造の型式欄に改の文字が記載されることになり、通常の保険申込ができないのが一般的です。

その際には個別に電話で連絡して、手続きをすることになります。

 

 

まとめ

福祉自動車であれば、基本的に割引を受けられると考えて大丈夫です。

ただ、福祉車両の割引を受ける場合、申込方法が通常と異なるケースがありますので事前に保険会社に確認をしましょう。

 

一覧に戻る