三重県の保険の事なら東京海上日動代理店のSKライフ株式会社へ

トップ > 保険コラム > 知らないと損する!屋根修理を火災保険で安くする方法とは?

知らないと損する!屋根修理を火災保険で安くする方法とは?

屋根の修理を火災保険で安くする方法を紹介します。

火災保険の保険金が支払われる事例

火災保険に入っていれば必ず屋根修理で保険金が出るわけではなく、保険の対象としている建物、災害によって発生した破損でなければいけません

 

災害・損害は対象か?

災害の事例としては、火災だけでなく、風、水、雪、雹、なども対象となっていることが多いです。
ですが、必ず含まれているとは限らず、オプションで含まれる災害もありますので一度対象となっているか確認しましょう。

また、屋根の破損は雹や落雷によるものでなければいけません。直接災害によって破損したものではなくても、台風で物が飛んできて破損した場合は大丈夫です。

 

保険金請求までの流れ

他の保険と同様で、屋根の破損を発見した時点で保険会社に電話やネットで連絡します。
その時点で、ある程度の状況を聞かれることがあります。
全てがわかっていなくても大丈夫ですが、可能な限り確認しておきましょう。


契約関連については

  • 証券番号
  • 契約者、被保険者氏名
  • 連絡先

などがあり、事故、破損については

  • 事故発生の日時、場所
  • 破損状況
  • 警察、消防への届け出

などがあります。

 

連絡をすると、必要書類が数日で届きます。
この間に損害保険登録鑑定人が事故状況の確認を行います。
また書類到着前に工事業者への見積もりを依頼することになりますが、工事業者より先に保険会社に連絡しましょう。 保険会社への連絡より前に工事契約をしてしまうとトラブルに発展する可能性があります。

 

書類が届いたら必要書類の返送をします。


後は保険会社にて確認、金額が決定し後日保険金が支払われます。

破損箇所の画像も必要なため、危険でなければ自分で撮影しても構いませんが、危険な場合には無理に自分でとらずに工事業者に依頼しましょう。

 

保険金申請に必要書類

すべてが必要というわけではありませんが、下記の必要書類があります。

 

  • 保険金請求書
  • 事故状況報告書
  • 修理金額がわかる見積書や領収書
  • 破損箇所の写真
  • 損害申告書
  • 印鑑登録証明書
  • 登記簿謄本
  • 固定資産課税台帳登録証明書
  • 公的な事故証明書
  • 平面図、配置図
  • 保険金直接支払指図書

 

対象とならないケース

天井から雨漏りが…と思っても、その雨漏り自体が経年劣化であれば保険金は支払われません
もし、雨漏りではなくマンションに住んでいて上の階が水漏れトラブルなどがあったということであれば対象です。

 

まとめ

大切なことは、損害が発生したら早めに保険会社に連絡をすることです。
災害による損害でないと判定されてしまうと、保険金が支払われなくなってしまいます。
屋根の破損だと取得は難しいかもしれませんが、可能な場合には罹災証明書も取得しておきましょう。

 

表示するエントリーがありません。

一覧に戻る