三重県の保険の事なら東京海上日動代理店のSKライフ株式会社へ

トップ > 保険コラム > 失敗しない、火災保険を選ぶ4つのポイントとは?

失敗しない、火災保険を選ぶ4つのポイントとは?

自宅に合ったパッケージを選ぶことがポイントです。

選ぶポイント1.保険の対象を決める

火災保険の対象は建物家財にわけられます。
建物は戸建てであれば住宅全体、マンションであれば専有部分となります。
一般的には建物は必ず対象とし、家財に保険をかけるかどうかを考慮します。


家財は住宅内にある家具が対象で、プランや特約によっては火災以外でも補償されることがあります。
例えば携行品損害特約をつければ出先で落としたカメラなども補償対象となり、保険プランやパッケージによっては子供がテレビを壊してしまった場合も補償に含まれるケースなどがあります。

 

選ぶポイント2.どの災害で保証とされるかの範囲を決める

火災保険といっても火事だけでなく自然災害なども火災保険の対象ですが、どの災害を補償対象とするかは、個別またはある程度まとまっているパッケージプランで選択します。

保険会社によって基本の災害は異なりますが、下記は基本で入っていることが多いです。


・火災
・落雷
・爆発

 

下記は基本に入っていたり個別で選択したりと会社によって異なります。


・水災
・雪災
・風災
・雹災

 

必要のない災害も加入し保険料が高くなってしまうこともあるので、外せる災害は外し必要なものだけの安い保険を選ぶことが重要となります。
水害が起こり得る地域なのか、ハザードマップなどを確認しておくことが大切です。

 

選ぶポイント3.適切な金額の保険をかける

戸建の場合は住宅の価格に新価と時価という考え方があります。
時価は現在の価格でよく聞くことがあると思いますが、火災保険は新価で保険金額を設定するのがお勧めです。新価とは火災で家がなくなってしまった時、そこに「再度新築で家を建て直す」場合に必要になる金額です。

 

火災保険の住宅の補償金額は、新価が限度となります。
新価以上の金額の保険をかけることを超過保険といい、無駄に保険をかけてしまうことになります。

 

一方、新価に満たない金額で設定すると、建て直すことになった場合に自分で支払う費用が発生してしまいます。これは一部保険と呼ばれます。

新価と同じ金額の保険をかけることを全部保険といい、火災保険では全部保険とするのが一般的です。

 

選ぶポイント4.自宅に合った割引がある火災保険か

割引は保険会社によって異なりますので、自分の住宅にあった割引があるかが保険会社を選ぶポイントになります。
一例として、オール電化住宅やたばこを吸わないことで割引になるケースがあります。

 

まとめ

割引や地域性を考えて災害対象をもとに保険会社を選びましょう。
次に家財補償をかけるかどうかを決め、戸建てであれば新価の全部保険をかけることが大切です。

 

表示するエントリーがありません。

一覧に戻る