三重県の保険の事なら東京海上日動代理店のSKライフ株式会社へ

トップ > 保険コラム > 地震保険 > 地震保険を見直す時の5つのポイント

地震保険を見直す時の5つのポイント

地震保険を見直す際の、5つのポイントをご紹介します。

地震保険を見直す5つのポイントとは

地震保険に加入していないと、地震や津波が原因となる建物の家財などの補償は一切されません。

そのため、地震保険に加入するかどうか見直しをする方も増えています。そこで、地震保険を見直す時の5つのポイントをご紹介します。

 

ポイント1.地震保険は火災保険とセットで考える

地震保険は、火災保険とセットの保険ですが、元の火災保険によって地震保険の金額が変わるものではありません。住宅の造りが鉄筋か木造、また住んでいる地域で保険料は設定されています。

火災保険の会社を変えたからといって、地震保険の保険料が安くなることはありません。しかし、家財や住宅にかける保険金額は3〜5割となっています。

地震が原因で火災になった場合、家財の補償をしてくれるのは火災保険ではなく、地震保険です。

 

ポイント2.割引できるかどうかを確認

地震保険には、住宅の建築年数や耐震等級で保険料が割引になることがあります。

割引の種類や住宅の状況によって1〜5割引となりますが、地震に耐えられるかどうかが基準なので古い住宅では割引にならない可能性が高いです。

新しい住宅の場合は、割引される可能性が高いので、割引が適用されるのかどうかを事前に確認しておきましょう。割引の種類によって、必要な提出書類が変わってきますので、割引が適用されると分かった時点で書類の準備をしておくと手続きがスムーズに行えます。

 

ポイント3.住んでいる住宅の種類

住んでいる家が賃貸の場合は、地震保険に加入しても住宅の損害のみで給付金が貰えることはありません。賃貸の地震保険で給付金が発生するのは、家財にも保険をかけている場合のみとなります。

 

ポイント4.住宅ローンの残高を確認

住宅ローンが残っている場合は、万が一家が損害を受けた際に建て替え費用や新しい住宅ローンで家計を圧迫します。住宅ローンの残高が多ければ多いほど、地震保険に加入しておくと安心です。

 

ポイント5.家財がどれだけあるかを確認

地震保険に加入する前に、家財の対象となるものが、どれだけあるのかを把握しておきましょう。

一口に家財と言っても色々ありますが、本棚、テレビ、ソファー、冷蔵庫といった家具や衣類などは「家財」に含まれます。

家財に含まれないものは、自動車、貴金属・骨董品(30万以上を超えるもの)、通貨・有価証券などです。

自宅にある家財が、全て壊れてしまった場合の被害金額を、おおよそでいいので考えてみましょう。

二世帯で全ての家電が2つずつある場合などは、必要なものを全て買い直すのは大変です。家財が多くあるご家庭には地震保険は必要なのではないでしょうか。

 

 

まとめ

地震保険を見直す際の5つのポイントをご紹介しました。

地震保険は、単独では加入できないため火災保険と必ずセットで考えます。住んでいる住宅の種類や年数、耐震性などによって保険料や割引きが適用されるかどうかも変わってきます。住宅ローンの残高や家財の量も地震保険を見直す場合には、重要な判断材料です。上記のポイントをよく考えた上で、地震保険の見直しをしましょう。

 

一覧に戻る