三重県の保険の事なら東京海上日動代理店のSKライフ株式会社へ

トップ > 保険コラム > 妊娠 > 妊娠が発覚してから入るべき生命保険とは?

妊娠が発覚してから入るべき生命保険とは?

妊娠が発覚してから、入るべき生命保険をいくつかご紹介致します。

妊娠発覚後に、入るべき生命保険とは

妊娠が発覚した際に、多くの女性は「無事に子どもが生まれてきてくれるのか」「出産時に何かトラブルが起きた時にお金はいくらぐらいかかるのか」「子どもの教育費用はいくら必要なのか」など様々な不安が出てきます。

現代の医療が発達してきているとはいっても、出産時に何が起こるか分かりません。

自然分娩の予定だったのが、急遽帝王切開になったという話もよく耳にします。それほど出産にはリスクがあるということです。

 

妊娠後でも保険に入ることは可能か?

結論から言うと、妊娠後にも保険に加入することは可能です。

しかし、医療保険に加入できるのは、妊娠してから27週までの保険がほとんどです。また、加入できたとしても妊娠中の場合は、子宮部位や出産に関わる疾病に対して、給付金が支払われない特定部位不担保があります。

これは、出産の際に妊娠中毒症や合併症、または帝王切開出産となった場合に備えた保険については、妊娠発覚後だと加入ができない、また加入ができても出産に関する病気や手術が対象外となってしまいます。

そのため出産時に備えた生命保険を検討するのではれば、妊娠中ではなく妊娠前に加入する必要があります。

 

保険が保障される費用と保障されない費用

多くの医療保険や生命保険の特約で保障されるのは、入院費のみが一般的です。

保険によっては、まれに手術費や通院費なども保障されるものもありますが、そういった保障のある保険は支払う保険料が高いです。

保険料が高くても手厚い保障があれば安心という方もいるので、加入する前に保障内容の確認をしっかりしておきましょう。

 

妊娠発覚後に入るべき生命保険

妊娠が発覚した後、子供が生まれる前、もしくは生まれた後にもしも夫婦のどちらかが死亡する病気や事故に遭ってしまった場合、子育てが大変な状況になってしまいます。

家事を行っている側が残された場合、収入がなくなるために仕事を始めなければいけませんが、子育ての時間がなくなってしまいます。

家計を支えている側が残された場合には、仕事の時間を減らして子育てをしなければいけませんが、収入が減ってしまいます。

こうした状況に備え、生命保険に加入しておくことをおすすめします。

 

子どもの教育資金の準備に役立つ保険

妊娠発覚後に準備しておかなくてはいけないのが、子どもの教育資金です。

出産から入学までは6年程あるので大丈夫と思っていても、子供が生まれると年月はあっという間に過ぎていきます。その間にも様々な出費があり「考えていたほど貯金ができなかった」という声もよく聞きます。そうならないためにも、早めに準備しておくと安心です。

 

5年ごと利差配当付こども保険


ご契約者(両親)に万が一のことがあった場合と子どもの教育資金の準備の両方に適した保険で東京海上日動の「5年ごと利差配当付こども保険」があります。

子どもの小学校、中学校、高校、高校卒業時期とそれぞれの入学前にお祝い金を受け取ることができるので、学費の心配も少なくなります。

生命保険ですので、万が一契約者である親の死亡時には死亡給付金が支払われ、更にその後の保険代の支払いは不要となります。

 

詳しくはこちらを参考にしてください。

 

まとめ

妊娠が発覚してから入るべき生命保険についてご紹介しました。妊娠は、嬉しいことですが生まれてくる子どものために準備も必要です。生まれてくる子どものためにも、教育資金の準備ができる保険や契約者である親に万が一のことがあっても、生活していけるように保険で準備しておくと安心です。

 

一覧に戻る