三重県の保険の事なら東京海上日動代理店のSKライフ株式会社へ

トップ > 保険コラム > 生命保険 > 子どもの教育資金を準備できるような保険はありますか?

子どもの教育資金を準備できるような保険はありますか?

子どもの教育資金を準備するためにおすすめの保険をご紹介します。

子どもの教育資金を準備できる保険とは

子どもが生まれて嬉しい反面、子どもの教育資金について「どれくらいの費用を」「どうやって準備するか」を悩まれる方は多いのではないでしょうか。

教育資金の準備として、保険の活用方法をご紹介します。まずは、子どもの教育費用におおよそどれくらい必要なのかをご説明します。

 

子どもの教育にかかる費用

子どもの教育にかかる費用を文部科学省が調査した結果、1年にかかる金額は平均で下記のようになっています。(平成26年調査)

 

公立 市立 年数
幼稚園 12万円 32万円

3年

小学校 6万円 89万円 6年
中学校 13万円 100万円 3年
高等学校 24万円 74万円 3年

 

表から分かる通り、高等学校を卒業するまでにかかる教育費用は、公立の場合で約55万円、私立で約295万円必要となります。上記の教育費以外にも、制服・教科書・食事等にかかる費用もプラスされていきます。

また大学に進学する場合は、更に費用が必要となります。

こうした教育費用に備えることのできる保険には、どのようなものがあるのでしょうか。

 

学資保険への加入

教育資金に備えることのできる保険が、学資保険や子ども保険と呼ばれる保険です。

子どもの入学時期に合わせて「祝い金」としてまとまった給付金を受けとれるのが特徴で、基準祝い金の額によって保険料や貰える金額が変わります。

もし、契約者本人が死亡または所定の高度障害状態になってしまった場合は、保険料払込免除となり、保険代の支払いが不要となります。

しかし、満期が来たらお金を受け取らなくてはいけません。満期以降は、保険会社で運用してくれるわけではないからです。

 

低解約返戻金型終身保険

低解約返戻金型終身保険とは、保険料の支払終了前に解約してしまうと戻ってくるお金は少ないのですが、支払期間を過ぎてから解約すれば、お金が増えた状態で戻ってくる保険のことです。

 

低解約返戻金型終身保険を利用し、学資保険として子どもの教育資金を貯めることが可能です。

低解約返戻金型終身保険の貯蓄性を活かし、学資保険の代わりに子どもの教育資金を積み立てることができます。

 

学資保険との違いは、契約者の死亡保障になるという点です。また、教育資金に使用しなかった場合は、そのままにしておくと戻るお金は増え続けます。

しかし、保険料払込期間の間に解約した場合は、戻ってくるお金は減ってしまうので、しっかりと払い続けることができるかを考えて利用することが大切です。

 

生命保険の低解約返戻金型終身保険で教育資金を準備すると、税金面でもメリットが!


  1. 生命保険料控除で所得控除を受けることが可能。
    年末調整で必要書類を提出すれば、生命保険料控除を受けることができます。

  2. お金を受け取る際に、税金がかかりにくい。
    解約した際にお金を受け取ることができますが、生命保険の解約返戻金は「一時所得」とよばれ、控除額が50万円のため、50万円をこえなければ、課税されることはありません。

 

 

まとめ

子どもの教育資金を準備できる主な保険は、学資保険と低解約返戻金型終身保険です。

教育資金を貯める上で、重要なのはそれぞれメリット・デメリットがありますので、しっかり確認した上でどの保険で教育資金を準備するのかを決めましょう。

 

一覧に戻る