三重県の保険の事なら東京海上日動代理店のSKライフ株式会社へ

トップ > 保険コラム > 妊娠 > 妊娠前に知っておくべき!よくある生命保険のトラブルとは?

妊娠前に知っておくべき!よくある生命保険のトラブルとは?

妊娠前に知っておくと良い、生命保険のトラブルについてご紹介します。

妊娠前に知っておくべき、生命保険のトラブルとは

生命保険への加入前には、告知や審査を受ける必要があります。妊娠前に知っておくと良い、生命保険で起きるトラブルについてご紹介します。

 

妊娠・出産に関する保険

妊娠・出産に関する保険には、医療保険と生命保険の2つがあります。

生命保険:被保険者が万が一死亡した時に、保障される保険。

医療保険:被保険者の治療時に保障される保険。

 

生命保険は、医療保険と違い、入院費が含まれていないことがほとんどです。
そのため、生命保険に加入する場合は、特約で入院や治療費の保障を付けなくてはいけません。

妊娠・出産の際に、子宮がんや子宮筋腫などが不安で、長期の保障をしたい場合は既に加入している生命保険や医療保険を見直すことをおすすめします。

 

告知によって加入条件が決まる

生命保険に加入する場合に必ず必要なのが、告知です。保険に加入する契約者の健康状態や治療期間などを答えなくてはいけません。

告知内容によって、生命保険に加入する条件が決まります。

そのため、告知内容によっては、加入したい生命保険に加入できなかったり、条件付きで加入する場合があります。「特定部位不担保」という、体の特定の部位に関して、保障をしないとするものです。

 

特定部位不担保の例


帝王切開をした女性に対して、今後の帝王切開手術を保障しない。

これは、一度帝王切開で出産した場合に、次回出産する場合も帝王切開になるケースが多いため、出産時の帝王切開については、不担保になるということです。

 

生命保険を解約するタイミングに注意

妊娠を機に生命保険を見直すという方も多くいらっしゃいます。

今加入している生命保険を解約し、新たに加入する場合は、注意が必要です。

 

新しく入り直す生命保険に加入できないこともある!


今加入している生命保険は、加入中に病気などになっても保険を継続できます。

しかし、新たに生命保険に加入し直す場合は、告知の際に過去の病歴・医師の診査が必要です。

そのため、過去に病気などをした場合は、新しく加入したいと思っている生命保険に加入できないことがあるということを知っておきましょう。

 

保険の申込み日と責任開始日の違いを理解しておく!


保険加入の開始となる日は、厳密には保険会社の「責任開始日(もしくは責任開始期)」といいます。

これ以降に病気になった場合のみ、給付金が支払われます。

そのため、責任開始日は申込み日ではなく、申込みした後の審査や初回の支払いなど必要な手続きが完了してはじめて「責任開始日」となります。

申込みをしてから責任開始日までの間に妊娠が発覚した場合でも、加入前に妊娠しているということになってしまいます。

 

解約のタイミングによって保障の空白期間ができる可能性がある!


保険の責任開始日に伴い、重要なのが保険を見直して、新たな保険に加入する場合、解約するタイミングがとても重要になります。

今加入している生命保険の解約は、新しく加入した生命保険の申込みをした後ではなく、責任開始日以降に必ず解約するようにしましょう。

責任開始日前に、今の保険を解約してしまうと解約した日から責任開始日までの間に、空白期間ができてしまいます。この空白期間に万が一のことがあっても、何の保障もされません。

 

まとめ

妊娠前に知っておくと良い、生命保険のトラブルについてご紹介しました。

妊娠前に新たに生命保険に加入しようと思っている方や生命保険を見直そうと思っている方は、加入する保険の保障内容や解約するタイミングなどをしっかり確認した上で行うようにしてください。

 

一覧に戻る