三重県の保険の事なら東京海上日動代理店のSKライフ株式会社へ

トップ > 保険コラム > 子育て > 子育て世代におすすめの生命保険はありますか?

子育て世代におすすめの生命保険はありますか?

子育て世代におすすめの生命保険をご紹介します。

子育て世代におすすめの生命保険とは

子育て世代に欠かせないのが、生命保険です。生命保険を選ぶ上で、子育て世代に必要なものは何か考える必要があります。

子育て世代の主な悩みは、次のようなことがあげられます。

 

子育て世代の主な悩み


  • 子供の将来に必要な教育費用について
  • 夫婦のどちらかが万が一死亡した時に、残された家族が十分な生活を送れるのか

 

子育て世代には、子どもの将来のために必要な学費を準備する必要があり、万が一親のどちらかが死亡した際に、残された家族が生活していくための費用は大丈夫なのかという悩みがあります。

これらの悩みに備える保険をご紹介します。

 

1.収入保障保険とは

保険代が高くなってしまうと、学費を用意しておくのが難しくなることも考えられます。収入保障保険とは、掛け捨ての保険で、安い保険料で大きな保障を得ることが可能です。

一般的な生命保険の死亡保険金は、一度に大きなお金を受け取りますが、収入保障保険は、分割で毎月のお給料のように給付金が受け取れる生命保険です。

毎月の保険代を安く抑えたいのであれば、収入保障保険がおすすめです。

 

収入保障保険のメリット


  • 安い保険料で大きな保障を準備できる。
  • 保険金が分割で長期に渡って受け取れる。

 

収入保障保険のデメリット


  • 必要保障額をしっかり考えて加入しないと、保障が足りなくなることがある。
  • 保障期間が限定されているたあめ、期間を短くすると必要な時に保障が終わってしまうことがある。

 

2.学資保険(子ども保険)とは

子供の将来の教育費を準備するために、おすすめの保険が学資保険と呼ばれる保険です。
学資保険とは、子供が一定の年齢になった時に保険会社から「祝金」をもらうことができます。そのため、進学などによりお金が必要な時に必要な金額のお金を受け取ることができます。

銀行にお金を預けておくと、つい出費の多い時にお金を引き出して使ってしまう可能性があるので、子どもの学費をしっかり貯めたい方には、学資保険がぴったりです。

しかし、学資保険にもメリットだけでなくデメリットもありますので、両方を理解しておきましょう。

 

学資保険のメリット


  • 子供の入学などの丁度良いタイミングで祝金を受け取れる。
  • 審査が不要の契約者貸付を受けられる場合もある。
  • 契約者死亡時には保険代の支払いが不要になる。

 

学資保険のデメリット


  • 祝い金の受取開始前に解約した場合は、損が大きい。
  • さまざまな特約やオプションがあり、保険代が高くなることがある。

 

 

まとめ

子育て世代におすすめの生命保険は、収入保障保険です。生命保険以外にも学資保険(子ども保険)などもあります。子育て世代の悩みである、子どもの学費の準備や親のどちらかに万が一のことがあった際に、生活していく上で困らないかを保険への加入で、備えることができます。

どちらの保険もメリット・デメリットがありますので、しっかりと理解した上で加入するようにしましょう。

 

表示するエントリーがありません。

一覧に戻る