三重県の保険の事なら東京海上日動代理店のSKライフ株式会社へ

トップ > 保険コラム > 自動車保険 > 地震で車が損害を受けたら、車両保険はつかえますか?

地震で車が損害を受けたら、車両保険はつかえますか?

地震によって車が損害を受けても車両保険は使えません。

地震や噴火などで車に損害があっても、車両保険は使えません。

通常の車両保険は、台風や洪水・竜巻などの自然災害によっておきる車の損害を対象としています。そのため、地震や噴火などによる損害にも適用されると誤解している方も多くいらっしゃいます。
地震・噴火によって車の損害は、車両保険の対象外となります。
「同じ自然災害なのに…?」と疑問に思われる方もいるかおしれませんが、対象にならないのには理由があります。
地震や噴火の場合、被害が自動車だけではなくなることが多いため、保険会社が補償できる範囲を超えてしまうと考えられます。

 

補償対象外になる「交通事故」とは?

地震・噴火・津波が原因で起きた「交通事故」の場合は、対人賠償保険、対物賠償保険、人身傷害補償保険、搭乗者傷害保険は使えません。
地震・噴火・津波などが原因で、運転中にハンドル操作を誤って人をはねてしまったり、同乗者がケガをしてしまったり、津波に巻き込まれて車ごと流されてしまっても補償の対象外となりますので、注意が必要です。

地震・噴火・津波が起きた時には、被災から逃れるために車を運転しなくてはいけないこともあると思いますが、車両保険にしか加入していない方は特に注意して運手することが大切です。

 

車両保険における「全損」とは?

車両保険での「全損」とは、以下の3つの場合になります。

 

  • 車が修復できない状態までに損害を受けた時。

  • 車が盗難にあって見つからない時。

  • 修理費用が車両保険の保険価額以上になる時。

 

※ご自分で全損かどうか判断できない場合は、保険会社にみてもらうようにしましょう。

 

地震・噴火・津波による車両損害を補償してくれるものとは?

地震・噴火・津波で車が損害を受けた場合、補償する方法として通常の車両保険に「地震・噴火・津波車両全損一時金特約」などがあります。

※ただし、保険会社によって名称は異なります。


この特約によって、地震・噴火・津波で車が全損した場合、50万円を上限に一時金を支払ってもらえます。保険料は5000円(年間)ほどです。

ただし、契約している車両保険の金額が50万未満の場合は、車両保険の金額と同じ金額になります。

 

 

まとめ

車両保険でまかなえるものとしては、台風や洪水・竜巻などの自然災害によっておきる車の損害は対象になりますが、同じ自然災害のため地震・噴火・津波も含まれていると勘違いされやすいので注意が必要です。
また、地震・噴火・津波などがおきて車に損害があった場合のことを考え、補償してもらうには通常の車両保険+特約保険料を上乗せして支払わなくてはいけません。

万が一に備え、特約などについて詳しく知りたい方は、一度ご連絡ください。

 

一覧に戻る