三重県の保険の事なら東京海上日動代理店のSKライフ株式会社へ

トップ > Q&A > 地震保険 > 火災保険と地震保険の違いについて教えてください。

火災保険と地震保険の違いについて教えてください。

火災保険だけでは、地震についての補償は一切されません。

地震保険と火災保険の違いについて

住宅を購入する時や住宅を借りる時などに住宅保険として、一番知られているのが火災保険と地震保険です。

火災保険に加入していれば、地震に関する災害も補償されると思っている方が多いですが、火災保険のみに加入しても地震での災害に関しては、何も補償されません。

※地震保険に関して補償を受けたい場合は、火災保険と地震保険をセットで加入する必要があります。

 

まずは、火災保険と地震保険の違いについてご説明します。

 

火災保険とは?

火災保険は、家やビルなどの建物・家財などの損害を補償する保険です。火災保険は、対象となる建物と家財に別々に加入する必要があります。

火事を起こすことはないいだろうから火災保険には入らない。と考えている方がいらっしゃいますが近隣などから出火した火事で自分の家に燃え移った場合でも、故意や重大な過失でなければ、もらい火であっても住宅が燃えてしまったら、自分で建て直さなくてはいけません。

火災保険の補償内容の詳細に関しては、こちらを参考にしてください。

 

地震保険とは?

地震保険は、地震によって火災、損壊、埋没などの損害を補償する保険です。地震保険は、地震発生によって起こる災害のみを補償するものなので、地震が関係しないものは補償されません。

地震保険に関しては、こちらを参考にしてください。

 

 

地震による災害に備えるための保険とは?

上記で述べたように、地震保険は火災保険とセットで加入しなくてはいけないものがほとんどです。

火災保険では、火災時に起きる災害のみ補償されるため、地震によって起きる火災は対象外となってしまいます。

地震は、防ぎようのない災害で起こると規模も大きいため、被災にあった人を救うのが困難です。そのため、政府も再保険という形で責任を分担しています。

保険会社によっては、単独の地震保険を販売しているところもありますが、こちらは政府が関与していないため、一般的な地震保険よりも限られた補償内容になっています。

 

 

まとめ

近年日本でも地震による大きな災害が起きているため、地震に対しての関心が高まっています。しかし、火災保険と地震保険の違いをしっかり理解されている方は少なく、火災保険にさえ加入していれば、地震が起きても大丈夫と思っている方もいらっしゃいます。

いざ地震が起きた時に、住宅が崩壊し補償されると思っていたのに、何も補償されない…といったことがないように、地震が起きた時の災害に備えたい方は、「火災保険」+「地震保険」に加入しておくことをおすすめします。

 

一覧に戻る