三重県の保険の事なら東京海上日動代理店のSKライフ株式会社へ

トップ > 保険コラム > 地震保険 > 津波による車の修理代はどれくらいかかりますか?

津波による車の修理代はどれくらいかかりますか?

津波による被害は様々なので、一概にいくらかかるとは言えません。

車が水没した時の修理代は?

2011年に起きた東日本大震災でも車が津波によって流されたり、水没して大変な被害がありました。

津波の規模にもよりますが、車が水没してしまうと修理するのにいくら必要なのでしょうか?

 

そもそも車は、エンジンだけでなく電気で走っているため、車のマフラーから水が入っただけでも動かなくなることがありほど、水に弱いです。

 

そのため、津波によって車が水没した場合、おおまかな修理代は

  • 電気系統に異常がない場合:10~数十万円ほど
  • 電気系統に異常がある場合:100万以上

と言われています。

高い修理費用が必要となるため、廃車にすることがほとんどです。

 

もし、津波が起きた場合はなるべく高い場所に車を移動させましょう。

 

津波に備えるための方法とは?

自分の愛車を地震による津波から守る方法は、車両保険の特約をつけることです。

東日本大震災が起きるまでは、認知度も高くありませんでしたが、大きな被害があったこともあり、自動車保険を選ぶ際に考慮する方が増えています。

しかし、この特約については、全ての保険会社が扱っているわけではありません。

保険会社によって名称も異なります。

 

気になる特約の補償内容とは?


  • どの保険会社の特約も「全損」のみ。
    ※分かりやすく言うと、修理できる範囲であれば修理費用は補償してもらえません。
  • 補償金額は、一時金として最高「50万円」
  • 特約をつける場合は、車両保険+年間約5千円(※年間5千円と設定している会社が多い)

 

ただし、年間5千円の特約を付けると10年で5万円、15年で7万5千円必要です。

上限が50万円の特約に対し、毎年5千円を支払う価値があるのかどうかをよく考えてから加入しましょう。

 

まとめ

いつ起こるか分からない、地震や津波に万が一の時のことを考え、しっかり備えたい方には自動車保険の特約がおすすめです。

今加入している車両保険に、特約がつけれるのかどうか確認したり見直し、自分に合った自動車保険を選ばれるといいと思います。

 

一覧に戻る