三重県の保険の事なら東京海上日動代理店のSKライフ株式会社へ

トップ > Q&A > 地震保険 > 地震保険は、どんな時に支払われるのかを教えてください。

地震保険は、どんな時に支払われるのかを教えてください。

地震保険の対象になっている建物や家財の侵害によって、支払われる保険金が異なります。

地震保険によるお支払い方法とは?

地震保険の支払基準は4段階あります。実際に地震によっておきた損害額で決まるわけではなく、損害の程度によって支払われます。

 

この損害区分については、以前は全損、半損、一部損の3段階でした。しかし、2017年1月の改定によって半損が大半損と小半損に分かれ4段階になりました。

 

建物の支払基準とは?

損害区分

損害状況 支払われる
保険金

全損

地震によって損害を受け、建物の基礎・柱・屋根などの損害額が建物の時価額50%以上となった場合

地震保険金額の100%

 

焼失・流失した部分の床面積が建物の延床面積の70%以上となった場合
大半損

地震によって損害を受け、建物の基礎・柱・屋根などの損害額が建物の時価額の40%以上50%以上未満となった場合

地震保険金額の60%

焼失・流失した部分の床面積が建物の延床面積の50%以上70%未満となった場合

小半損

地震によって損害を受け、建物の基礎・柱・屋根などの損害額が建物の時価額の20%以上40%以上未満となった場合

地震保険金額の30%

焼失・流失した部分の床面積が建物の延床面積の20%以上50%未満となった場合
一部損 地震によって損害を受け、建物の基礎・柱・屋根などの損害額が建物の時価額の3%以上20%以上未満となった場合

地震保険金額の5%

全損、大半損、小半損に至らない建物が床上浸水(地盤面から45㎝を超える浸水)の場合

 

家財の支払基準とは?

損害区分 損害の状況 支払われる
保険金
全損 家財の損害額が家財の時価の80%以上の場合 地震保険金額の100%
大半損

家財の損害額が家財の時価の60%以上80%未満の場合

地震保険金額の60%
小半損

家財の損害額が家財の時価の30%以上60%未満の場合

地震保険金額の30%
一部損

家財の損害額が家財の時価の10%以上30%未満の場合

地震保険金額の5%

 

 

まとめ

地震保険については、保険料が何にたいして支払われるのか補償対象についてしっかり理解しておきましょう。また、建物と家財はそれぞれ損害の度合いによって支払われる保険金額は大きく異なります。もし、地震が起きて損害が出た場合は専門の鑑定人によって調べられますが、ご自身でも何にどれくらいの損害であればおおよそいくら支払われるのかを把握しておくと、請求漏れなどを防ぐことができます。

 

一覧に戻る