三重県の保険の事なら東京海上日動代理店のSKライフ株式会社へ

トップ > 保険コラム > 自動車保険 > 自動車保険の保険料はどのように決まりますか?

自動車保険の保険料はどのように決まりますか?

車両、年齢、使用目的などの条件によって決まります。

保険料の仕組み

保険は、偶然発生する事故によって生じる経済的な損失に備えて、多くの人がお金を出し合い、事故にあった人を助けるという相互補助の理念のもとに成り立っています。

自動車保険は、加入者が乗っている車両や年齢、使用目的などがバラバラです。

つまり、この条件によって保険料は変わってきます。

 

例えば、同じ年齢、等級、条件、使用目的で、軽自動車と3ナンバースポーツカーを比較すると、軽自動車の方が断然安くなります。

この理由は、スポーツカーの方が事故発生時に人やものに与える損害が大きくなるためです。

つまり、スポーツカーの方が事故を起こすリスクが高い車であると判断されているからです。

リスクが高い車は、保険料が高くなります。

車両以外にも「等級」「使用目的」などの「基本算出ポイント」により、保険料は計算されます。

 

基本算出ポイント

 

用途・車種

自動車の使用頻度や車種が異なると、事故によって生じる損害の大きさに差が生じます。使用目的や年間走行距離によって事故のリスクも異なります。

型式別料率クラス

自動車がどの型式かによって保険料が異なります。

型式別料率クラスは、対人/対物/傷害/車両の項目があり、この4つの項目が1〜9の9段階で区分されています。

型式別料率クラスが低い(1に近い)と保険料が安くなり、高い(9に近い)ほど保険料が高くなります。

型式別料率クラスは、損害保険料率算出機構が毎年見直しを行っています。

新車・新車以外 一般的に新車は新車以外と比べて、各種安全装置や自動車の構造などの点で安全面に優れています。そのため、新車の方が新車以外に比べて保険料が安くなります。
保険金額及び免責金額

保険金額や免責金額によっても、保険料は異なってきます。

設定した保険金額が低い場合は、保険会社が払う保険金も低くなりますので、保険料は安くなります。免責金額とは、「保険会社が保険金支払いの責任を免れる金額(契約者側の事故負担額)」を意味しています。

年齢

若年者の方が事故を起こすリスクが高いため、契約の自動車を運転する形の年齢によって保険料は異なります。

等級 契約者の過去の事故件数や無事故年数によって今後事故を起こすリスクも異なります。また、契約者の等級によって保険料は変わります。一般的に等級は1〜20等級に区分されており、自動車保険に新規で加入した場合は6等級でスタートします。
運転者限定 補償対象となる運転者の範囲によって事故を起こすリスクは異なります。

 

このように様々な理由から、自動車保険の保険料は決定されています。

事故を起こしていないのに、保険料が上がったような場合は、型式別料率クラスに変更があったのかもしれません。

ご自身にあった自動車保険の選び方、保険料と補償のバランスなど、お気軽にご相談ください。

 

一覧に戻る