三重県の保険の事なら東京海上日動代理店のSKライフ株式会社へ

トップ > 保険コラム > 自動車保険 > 自動車保険で保険金を受け取った場合、税金はかかりますか?

自動車保険で保険金を受け取った場合、税金はかかりますか?

受け取った保険金に対して税金はかかりません。

受け取った保険金に対しての税金はかかりません

個人が収入を得た場合には、所得税がかかります。所得税は年内に得た収入により、利益が発生した場合にかかります。

 

任意保険で受け取った保険金は、個人の収入と考えられます。しかし、保険金は事故によって受けた損害を補償するものですので、利益はありません。

したがって、交通事故で受け取った保険金に対しての所得税はかかりません。

 

任意保険は一般的に、事故により第三者に損害を与えてしまった場合に、保険会社から被害者に支払われる「賠償保険」、運転者の損害を補償する「傷害保険」、車両の損害を補償する「車両保険」の3つあります。

 

これらの保険金は、いずれも損害を補償するものですので、利益にはならず所得税はかかりません。

 

損害保険の死亡保険金のみ例外

事故の当事者が保険金を受け取る場合には税金がかかりませんが、万が一の場合には、支払われる死亡保険金が支払われる場合には、相続税、贈与税、所得税のいずれかの対象になります。

 

被相続人が契約者だった場合

被相続人(亡くなられた人)が、自動車保険の契約者だった場合、相続人が受け取る「相続税」となります。亡くなられた方がかけている保険の死亡保険金を、本人が受け取ることはできないため、相続人が相続して受けとるというイメージです。

 

保険金受取人が契約者だった場合

保険金受取人が契約者本人だった場合、一時所得扱いで「所得税」となります。

ご自身でかけていた保険から保険金を得られたため、所得とみなされます。

 

第三者が契約者だった場合

自動車保険の契約者が、亡くなられた人でも保険金受取人でもなかった場合は「贈与税」となります。

第三者の保険からの保険金を受け取るため、贈与という扱いになります。

 

このように契約者が誰かによって、税金の種類が変わってきますので、「親が払ってくれるから、契約者が親」ということもよくありますが、万が一の時には、もっとも税率の高い「贈与税」扱いになってしまうことがあります。

 

ケースバイケースにはなりますが、契約者と記名被保険者は同じ人にしておくことで、「相続税」として扱われますので、税率が低くなる可能性が高いです。

 

どのようにすれば良いのか、不明な点は、お気軽にご相談ください。

 

 

一覧に戻る