三重県の保険の事なら東京海上日動代理店のSKライフ株式会社へ

トップ > 保険コラム > 生命保険 > 失効したはずの生命保険で、貸付金の返還を求められました。なぜですか?

失効したはずの生命保険で、貸付金の返還を求められました。なぜですか?

ある程度の解約返戻金がある場合、失効していなことがあります。

失効しているはずの生命保険で貸付金の返還請求

生命保険というのは、「保険料を支払ってくれたら、万が一のときに保険金を支払います」という契約です。ですので、保険料の支払いをしなければ、契約は効力を失います。これを「失効」と言います。

月払契約の場合、2ヶ月連続で支払いができなければ、保険は失効してしまいます。

 

失効しないケースもある

保険料の支払いができなくても失効しないケースもあります。

それは、ある程度の解約返戻金がある場合です。

 

終身保険の場合、解約返戻金が結構な額、貯まっていることもあります。

保険が失効しそうになると、解約返戻金から保険料を立て替えることがあります。

これは契約者が手続きをしなくても自動で振替されます。

保険料の支払いができなくても、解約返戻金がある限り、保険は失効しません。

 

生命保険は本来失効させたくない

生命保険は万が一のために加入するものですから、経済的な事情で保険料が支払えなくても、失効させたくはありません。

解約返戻金から立て替えてでも保険が継続された方が、契約者にとっても良いことです。

保険料が支払えなくても保険は継続されますし、その間に亡くなってしまっても、保険金はちゃんと支払われます。

解約返戻金が底をつけば、立て替えはできなくなりますので、いよいよ失効してしまいます。

 

しかし、ご自身が失効したと思っているのに、実は継続していて、忘れた頃に「解約返戻金の中から保険料をたてかえていたので、返してください」と連絡が来るのですから、トラブルのもとになってしまいます。

 

トラブルを避けるには…

生活に困って保険料が支払えなくなった場合、仕組みを理解した上で保険料の立て替え制度を利用するのも一つの方法です。

例えば、転職をして一時的にお金がないような場合には、2〜3ヶ月だけ保険料の立て替えをしてもらって契約を継続させ、収入が安定したら今までの立て替え分を返済し、通常通りの支払いを再開すれば、「忘れた頃に請求が来る」ということもなくなります。

 

あるいは、失業して仕事がいつ再開できるかわからないような場合には、保険をすぐに解約してしまうという方法も一つです。いざという時の保険ですが、生活を圧迫してまで入らなくてはなならないものではありません。解約をして、解約返戻金としてある程度まとまった金額を受け取ることで、生活費に充てることもできます。

生活が安定してから入り直せば良いのです。

 

 

まとめ

失効していると思っている生命保険からの貸付金返還請求がある理由をご紹介してきました。

生命保険は万が一の時に使えるように、失効させたくはありません。

失効させたくありませんので、解約返戻金がある場合、立て替えて契約を継続させることがあります。

生命保険を失効させないためには有効な方法ではありますが、契約者の方がこの仕組みを知らないために、トラブルになることもあります。

契約時には担当者にしっかりと説明をしてもらいましょう。

また、不明点がありましたら、一度ご相談ください。

 

一覧に戻る