三重県の保険の事なら東京海上日動代理店のSKライフ株式会社へ

トップ > 保険コラム > 生命保険 > 生命保険料控除とはどのようなことですか?

生命保険料控除とはどのようなことですか?

生命保険や社会保険などの費用の一部もしくは全額を所得から差し引く仕組みです。

所得税や住民税の計算をするために、その年の所得金額を計算する必要があります。

個人の事情を汲み取るために、所得金額から、生命保険や社会保険などの費用の一部もしくは全部を差し引くことで、所得金額が小さくなります。

すると、その分税金も少なくなります。

 

 

生命保険料控除の種類

生命保険料控除の種類は以下の3種類に分かれます。

なお、生命保険料控除は平成22年に改正されましたので、現在は新制度と旧制度の両方による運用がされています。

3つの種類をご紹介します。

 

一般生命保険料

一般的な生命保険契約のことです。民間の生命保険会社との生命保険契約、農業協同組合などの生命共済などがそれにあたります。

 

介護医療保険料

こちらは新制度で加わりました。医療費に対して保険金が支払われる契約が対象となります。

 

個人年金保険料控除

「個人年金保険料税制適格特約」をつけた契約の保険料で、以下の条件を全て満たす場合に対象となります。

  • 年金受取人が契約者またはその配偶者のいずれかであること
  • 年金受取人は被保険者と同一人であること
  • 保険料払込期間が10年以上であること(一時払は対象外)
  • 年金の種類が確定年金や有期年金の場合、年金受取開始が60歳以降で、かつ年金受取期間が10年以上であること

 

 

年間払込保険料と控除される額

年間払込保険料は、その年の1月1日から12月31日までに払い込んだ保険料です。

なお、税制適格特約の付加された個人年金保険以外は、一般的にその年に支払われた配当金を差し引いた金額になります。

旧契約(平成23年12月31日までに締結した保険契約)と新契約(平成24年1月1日以降に締結した保険契約)では、取り扱いが異なります。

それぞれについてご紹介します。

 

旧契約での生命保険料控除額

所得税

年間払込保険料 控除される金額
25,000円以下 払込保険料全額
25,000円超 50,000円以下 払込保険料×1/2+12,500円
50,000円超 100,000円以下 払込保険料×1/4+25,000円

100,000円超

一律50,000円

住民税

年間払込保険料額 控除される金額
15,000円以下 払込保険料全額
15,000円超 40,000円以下 払込保険料×1/2+7,500円

40,000円超 70,000円以下

払込保険料×1/4+17,500円
70,000円超 一律35,000円

 

新契約での生命保険料控除額

所得税

年間払込保険料額 控除される金額

20,000円以下

払込保険料全額
20,000円超 40,000円以下

払込保険料×1/2+10,000

40,000円超 80,000円以下 払込保険料×1/4+20,000円
80,000円超 一律40,000円

住民税

年間払込保険料額

控除される金額
12,000円以下 払込保険料全額

12,000円超 32,000円以下

払込保険料×1/2+6,000円

32,000円超 56,000円以下

払込保険料×1/4+14,000円
56,000円超 一律28,000円

資料:公益財団法人 生命保険文化センターHP「税金に関するQ&A」を基に作成
※上説新制度は2016年4月現在の税制・税率に基づき作成しております。
 税制・税率は将来変更されることがあります。

 

旧契約、新契約の両方に加入している場合

この場合、次の3つから生命保険料控除の適用方法を選ぶことができます。ちょっと面倒ではありますが、実際に計算してみて最も控除額の多いパターンを選ぶのが賢明です。

  1. 旧制度の生命保険料控除だけを適用
  2. 新制度の生命保険料控除だけを適用
  3. 新旧両方の生命保険料控除を組み合わせて適用

なお、新旧あわせて適用できる上限額は所得税で12万円、住民税で7万円です。

 

 

生命保険料控除の手続き

所得税の手続きは下記の通りで、所得税で手続きをしていれば、住民税の手続きを行う必要はありません。

 

サラリーマンの場合

生命保険会社の発行する「生命保険料控除証明書」を「給与所得者の保険料控除等申告書」に添付し、勤務先に提出して年末調整で控除を受けます(給与天引きにより保険料を払い込んでいる場合は、「生命保険料控除証明書」の添付は不要です)。

※給与の年間収入額が2,000万円を超える場合などは、確定申告になります。

 

自営業者の場合

翌年2月16日から3月15日までの所得税の確定申告において、「生命保険料控除証明書」を確定申告に添付して控除を受けます。

 

一覧に戻る