三重県の保険の事なら東京海上日動代理店のSKライフ株式会社へ

トップ > 保険コラム > 自動車保険 > 自動車保険は人と車のどちらに対してかかる保険ですか?

自動車保険は人と車のどちらに対してかかる保険ですか?

基本的に「車」にかかります。

自動車保険は車が対象となります

自動車保険は基本的に車にかける保険です。

自動車保険で運転者を限定していなければ「車」に対して保険がかかっているといえます。

その車を誰が運転した場合に補償を受けられるのか「人」も決めることがほとんどです。

ですので「人」と「車」の両方にかかるとも言えます。

 

 

運転交代と自動車保険

大人数でドライブなどに行くと、運転を変わることがあるかと思います。

運転を変わった時に、万が一自己が発生してしまった場合は、自動車保険はどうすれば良いのでしょうか。

 

先程「運転者を限定していなければ車に対して保険がかかっている」とお伝えしました。

これは、誰が運転しても、その車に対して保険が適用されるということです。

誰の運転でも保険が適用されたとして、等級がダウンしてしまうため、保険料は次回更新で上がってしまいます。

また、保険料を安くするために、運転者や年齢条件を限定されている方がほとんどではないでしょうか。

 

運転者限定の有無

他人が運転して自己を起こしてしまったとしても、運転者限定がなく、年齢条件のみ設定されている場合、友人や知人が事故を起こしたとしても保険を使うことができます。

年齢条件が適用されるおもな範囲は「記名被保険者とその配偶者、または記名被保険者とその配偶者の同居の親族」の場合が多く、友人や知人などの他人は補償の対象となります。

 

ただし、年齢条件の適用範囲は、保険会社によって異なる場合がありますので、事前にご確認ください。

 

他車運転危険補償特約

ご自身の保険以外でも、保険を使用することができます。

それは「他車運転危険補償特約」です。

他車運転危険補償特約とは、記名被保険者の契約している車以外の他車を運転した場合に、他車の保険ではなく、運転者の保険を使用することができる特約です。

 

ご自身の車を他の人に運転させる場合、相手が自動車保険に加入しているかどうかを確認しましょう。

相手の自動車保険にこの特約がついていれば、万が一のときにでも、ご自身ではなく、運転者の保険を適用することができます。

 

 

まとめ

自動車保険は「人」と「車」にかかる保険です。

ご自身のお車を他の方に運転してもらう時や、他の方のお車をご自身が運転するときなど、保険の適用範囲や、他車運転危険特約の有無等を事前に確認しましょう。

 

一覧に戻る