三重県の保険の事なら東京海上日動代理店のSKライフ株式会社へ

トップ > 保険コラム > 火災保険 > 火災保険を空き家にかけることはできますか?

火災保険を空き家にかけることはできますか?

空き家の状態によって、火災保険を掛けることはできます。

火災保険の分類

火災保険に加入する場合、使用頻度や状態によって「専用住宅」「併用住宅」「一般物件」の3つに分類されます。

  • 専用住宅…人が住むことだけを目的とした住宅
  • 併用住宅…住居の中に店舗又は事務所などを併せ持つ物件
  • 一般物件…専門住宅、併用住宅に当てはまらない全ての物件

 

空き家の場合、一般物件に該当しますし、保険料は一般住宅が最も高くなっています。

しかし、かならずしも一般物件として扱われるわけではありません。

 

空き家の扱い

空き家がどのような状況にあるのかによって、専用住宅として火災保険を契約することもできます。

ただし、空き家の火災保険加入を断る保険会社もでてきています。

単純に「空き家」といっても、それぞれの建物によって、状況が異なってきます。

家財があって、住める状態になっているものから、廃屋のようなものまで状態はさまざまです。

 

転勤で一時的に空き家になってしまう場合、相続した空き家を定期的に家族や親族が寝泊まりしている場合、別荘のように季節的に住居として使用する建物等は、住宅物件として加入できることもあります。つまり、住宅物件として判断されるかどうかは、今後も住居として住む予定があるか、住居としての機能が維持されているかがポイントと考えられます。

保険会社によっては、家財が常時備えられていることを住宅物件として取り扱う条件としているところもあります。

しかし、どの分類かの判断は保険会社の判断によるため、一度ご相談ください。

 

 

まとめ

空き家は常時住んでいる住宅と比べると、火災などのリスクが高まります。

「ボロボロだし、そのまま焼けてくれたほうが足すかる」と思われるかもしれませんが、残存物の撤去にもお金はかかります。

空き家と言えど、将来的に住んだり、人に貸し出す様なことをお考えであれば、火災保険に加入することをおすすめします。

 

一覧に戻る