三重県の保険の事なら東京海上日動代理店のSKライフ株式会社へ

トップ > 保険コラム > 確定拠出年金 > 確定拠出年金の個人型に入っていますが、企業型とは何が違いますか?

確定拠出年金の個人型に入っていますが、企業型とは何が違いますか?

個人型と企業型では、誰が掛け金を負担するかが異なります。

個人型確定拠出年金

個人型では、本人の意思で加入することができます。

また、企業型確定拠出年金を導入していた企業から退職した場合に、引き続き確定拠出年金を行う場合に、個人型確定拠出年金への切り替えを行い、自身で運用していくことになります。

加入対象者に制限があり、

  • 自営業、自由業、学生などの20歳以上60歳未満で、国民年金を納めている(国民年金第1号被保険者)
  • 会社員や公務員などの60歳未満の厚生年金の被保険者(国民年金第2号被保険者)
  • 専業主婦・主夫などやパートタイム労働者などの20歳以上60歳未満で厚生年金に加入している第2号保険者に扶養されている方(国民年金第3号被保険者)

です。

 

また、掛け金に関しても、個人が支払っていく形になります。

掛け金は上限があり、上限は個人の状況によって異なります。

例えば、自営業の方の月額上限は6.8万円ですが、専業主婦などの第3号被保険者は2.3万円、確定給付企業年金加入者や公務員は1.2万円などです。

また、掛け金は全額税控除の対象になります。

 

 

企業型確定拠出年金

会社が退職金制度として導入している場合に加入します。加入対象者が決められていたり、加入するかを選べるケースもあります。

掛け金は会社が負担しますが、従業員本人が上乗せして掛け金を払うことができるケースもあります。

取引金融機関は会社が決定し、運用商品は会社が用意している商品から選びます。

 

 

まとめ

確定拠出年金は公的年金を補完する目的のものです。

個人型、企業型で異なることは、企業型の確定拠出年金の場合は、基本的には会社が手配をしてもらえます。

個人型の場合は基本的に全てを自分で行わなければならないこと、また、企業型の確定拠出年金を導入していた会社から退職した場合に、脱退一時金として受け取らなかった金額は個人型の確定拠出年金で運用していく必要がある点です。

 

一覧に戻る