三重県の保険の事なら東京海上日動代理店のSKライフ株式会社へ

トップ > 保険コラム > 火災保険 > 火災保険では、どのような家財が補償されますか?

火災保険では、どのような家財が補償されますか?

家具や電化製品などが補償されます。

火災保険では「建物」と「家財」から補償対象を選択します。

「建物のみ」「家財のみ」「両方」です。

このうち「家財」に掛ける保険を家財保険と言います。

では、この「家財」にはどのようなものが含まれるのでしょうか。

 

 

家財として補償範囲に含まれるもの

「家財」と一言で言っても、一体何が「家財」として補償されるのか、わかりにくい面があります。

保険会社によって、補償対象は若干違いがあると思いますが、一般的に「家財」として扱われるものをご紹介します。

 

家財になるもの

  • 家具や衣類などの日常に使うもの
  • 30万円以上の貴金属や美術品など(契約内容によります)
  • 通貨、印紙、切手など(契約内容によります)

 

家財にならないもの

  • 自動車
  • 建物の外に持ち出しているもの
  • 業務で使う什器や商品
  • ペット、植物
  • 有価証券、電子マネーなど
  • データやプログラムなど

 

家財の補償は必要?

火災保険で建物と家財と両方を補償対象として頂いたほうが、安心できます。

一つひとつの家財の評価額が例え少なかったとしても、積み上げた場合、想像以上に高額となるケースがあります。

 

実際に被害にあったときに、必要最低限の家財だけを購入する場合でも、かなり負担が大きくなると予想できます。

一概には言えませんが、4人家族であれば、おおよそ500~1000万円の家財が家の中にあると考えられています。

万が一の時に、余計な出費を抑えることができます。

 

家具や家電製品などの生活用品が火災、落雷などの自然災害で損害を受けたときに損害を補償する保険ですので、安心を得るためにも、家財を補償対象として加えることをおすすめします。

 

一覧に戻る