三重県の保険の事なら東京海上日動代理店のSKライフ株式会社へ

トップ > 保険コラム > 火災保険 > 戸建てですが、火災保険に入るメリットはなにがありますか?

戸建てですが、火災保険に入るメリットはなにがありますか?

大切な住宅が火事になってしまった時に、補償を受けることができます。

新築であっても中古であっても、持ち家が一戸建てであれば、火災保険への加入は必要不可欠です。

タバコの火などの些細な原因でも家を全焼させてしまうこともあります。

また、住宅ローンを利用されている場合、加入が義務付けられていることがほとんどです。

 

火災保険への加入が必要な理由

住宅ローンを利用した場合、契約者と金融機関の双方を守るために、火災保険への加入を求められます。

理由は、住宅が燃えてしまっても、ローンはなくなりません。つまり、マイホームを失ったのに、ローンを払い続けなければならないのです。マイホームがなくなれば、賃貸アパートなどに引越しする必要がありますから、ローン+家賃となり、負担が重くなります。

場合によっては、住宅ローンの支払ができないほど、経済的負担になることもあるでしょう。また、ローンを支払い続けなければならないという精神的なダメージにもなります。

 

一方、金融機関からすると、契約者の負担が重くなり、ローンの返済ができなくなってしまうと、金融機関も損失を被ることになります。

そのため、住宅ローンを契約する場合は、火災保険の加入が義務付けられている事が多いのです。

 

また、すでに住宅ローンを全額返済している場合や、現金一括で購入した場合は、加入義務はありません。家主の方の判断で自由に決めることができます。

 

しかし、どのケースでも加入されることをおすすめします。建物にも家財にも保険をかけていないと、万が一の火災が発生した時に全てを失ってしまうかもしれません。

 

火災の原因が他人の場合

「自分はいつもちゃんと火の元を管理しているから、火事は起きない。だから火災保険に入らなくても大丈夫」とはいえません。

 

例えば、隣家から出火し、ご自宅に延焼してしまった場合、隣家の方に賠償責任を求めれば良いとお考えかもしれません。しかし「失火法」という法律で「重大な過失がある場合を除き、近隣の住宅や建物への損害賠償責任を負わない」と決められています。

この失火法は、家と家の感覚が狭く、木造住宅が多いため火が燃え移りやすいという日本の住宅事情を考慮して作られています。

 

他人が原因の火事であっても、他人に損害賠償請求ができないのであれば、自分の身は自分で守らなければなりません。

 

 

一覧に戻る