三重県の保険の事なら東京海上日動代理店のSKライフ株式会社へ

トップ > 保険コラム > 生命保険 > 生命保険と損害保険の違いはなんですか?

生命保険と損害保険の違いはなんですか?

生命保険は「人」、損害保険は「モノ」に関わる保険です。

「保険」というと「万が一のアクシデントに備えるもの」というイメージを浮かべる方がほとんどではないでしょうか。

生活していく上で様々なアクシデントやトラブルがあります。

それは、事故であったり、火災であったり、盗難であったり、病気であったり、いろいろあります。

その様々なアクシデントに対して備える保険には大きく分けると、2種類の保険があります。

「生命保険」と「損害保険」です。

では、「生命保険」と「損害保険」がそれぞれどのような保険なのかをご紹介します。

 

 

生命保険は「人」に関わる保険

生きていく上で、病気やケガ、死亡など身体上のアクシデントは避けて通れません。

アクシデントが起こることで、自分や家族の生活が経済的に困難な状態になった場合などに、まとまったお金を受け取れるように備えるのが「生命保険」です。

 

生命保険は、残された遺族の生活費を確保するというニーズから生まれた保険です。

保険料を大勢で出し合い、集団の共有財産を用意し、集団内で人が亡くなった時に、その家族を経済的に助け合う「相互扶助」の仕組みとして作られました。これが「死亡保険」です。

 

生命保険には死亡保険以外にもあります。

病気やケガの入院、通院に備える医療保険や生命保険の医療特約、がんに特化したがん保険、介護状態になった時の保障に介護保険があります。

 

また、将来必要となる資金を計画的に準備することを目的とした保険もあります。

例えば、老後の生活資金を積み立てる年金保険、万が一の保障と資産形成を兼ね備えた養老保険、子供の教育費を準備する学資保険です。

 

このように生命保険には「人」に関わる様々なアクシデントに備えるための保険があります。

 

 

損害保険は「モノ」に関わる保険

生活していく上で、身体以外のトラブルに見舞われることもあります。

交通事故や火事、地震、盗難などです。

このようなトラブルでは、住宅や車などの「モノ」が損害を受けます。

「モノ」が受けた損害を補償するのが損害保険です。

 

車を対象とした保険には、強制保険と言われる自賠責保険と任意で契約する自動車保険があります。

火災や水害などで住宅や家財に損害が発生した時に補償される火災保険、地震や噴火、それにともなう津波被害を対象とする地震保険があります。

 

損害保険の中には「人」に関わる傷害保険もあります。傷害保険は「突発的かつ偶発的な外来の事故」によるケガを補償します。

 

他にも、ゴルフでホールインワンやアルバトロスに備えるゴルフ保険、ペットの治療費を賄うためのペット保険などがあります。

 

まとめ

生命保険と損害保険の違いをご紹介しました。

損害保険の中に、一部人に関わる保険があるものの、損害保険は「モノ」、生命保険は「人」に関してのアクシデントに備えるための保険です。

ご自身にあった保険を選ぶためにも、ご相談ください。

 

 

一覧に戻る