三重県の保険の事なら東京海上日動代理店のSKライフ株式会社へ

トップ > 保険コラム > 火災保険 > 賃貸アパートで火災保険に加入するように言われましたが、なぜ必要なのですか?

賃貸アパートで火災保険に加入するように言われましたが、なぜ必要なのですか?

部屋を借りている方が加入する火災保険は、原状回復と自分の家財のためです。

 

原状回復と自分の家財のため

自分の部屋から出火してしまっても、賠償責任はないことがある

意外に思われたかもしれません。

火災保険の一般的なイメージとして「自分が借りている部屋で火を出してしまって、部屋や建物に被害を与えてしまった場合の損害賠償のため」と思われるでしょう。

 

実は、民法には「失火責任法」と言うものがあります。失火責任法では、失火者に「重大な過失(台所のガスコンロに天ぷら油の入った鍋に火をかけたままその場を離れて出火させた場合、たばこの吸殻が完全に消えたことを確認しないまま紙類が入ったビニール製ゴミ袋にいれて放置し外出、出火させた場合など)」がなければ、損害賠償責任を負わせないことになっています。

 

つまり、アパートで部屋を借りている立場で、火災の火元だったとしても、重大な過失がなければ、大家さんに対して建物の立替費用を負担するなどの責任は負わなくて良い、ということです。

 

逆の立場で見ると、隣家、隣室から出た火災によって、自分の部屋や建物に被害があっても、その失火者に家財一式を弁償させることはできない、ということです。

 

火災保険は原状回復と自分の家財のため

火災を起こしても重大な過失がなければ損害賠償責任は負いませんが、賃貸借契約によって「退去時の原状回復」が義務付けられています。そのため、万一火災によって建物が消失したり、損害を与えた場合には、原状回復する義務があり、原状回復できない場合、損害賠償責任が発生します。

 

また、隣家、隣室からのもらい火で自分の家財が被害にあっても、その失火者に損害賠償責任を求めることはできません。自分の身や財産は自分で守る必要があります。

 

そのために火災保険があります。一般に火災保険と呼ばれていますが、重要なのは「家財保険」と「借家人賠償責任保険」の二つです。商品名がいろいろあるので、補償内容が分かりにくい一面もありますが、大きくは、この二つの契約内容をチェックしましょう。

 

火災保険は自分、大家さん、隣家のため

「家財保険」は、文字通り、自身の所有する家電、家具などの損害を補償するもので、これが賃貸の場合の火災保険の基本となります。「自分の財産の為に入るもの」と考えましょう。

 

「借家人賠償責任保険(特約)」は、大家さんのために入る保険です。

借りている部屋に損害を与えてしまった場合、原状回復する費用を補償するものです。補償対象は、あくまでも自身が借りている部屋に損害を与えた場合に限られます。

例えば自分が火事を起こして、隣の建物に損害を与えたとしても、この保険(特約)では補償されません。

 

「個人賠償責任保険(特約)」は隣家のために入る保険です。

補償内容は多岐にわたっており、水漏れで階下の部屋に損害を与えた場合などにも補償金が支払われます。自動車保険や損害保険の特約として加入することもありますので、すでに加入している保険があれば、補償が重複しないように気を付けましょう。

 

一覧に戻る