三重県の保険の事なら東京海上日動代理店のSKライフ株式会社へ

トップ > 保険コラム > 自動車保険 > 任意保険に未加入の車との事故に備える保険はありますか?

任意保険に未加入の車との事故に備える保険はありますか?

はい、あります。任意保険未加入の車との事故に備える方法をお伝えします。

任意保険未加入の車との事故に備える

任意保険に未加入の車は10台中1台以上あります。

事故が起こる可能性が高くないとはいえ、いつ任意保険未加入の車と事故をおこすかわかりません。

 

事故になると、ご自身に対しては、自賠責保険によって補償を受け取ることができますが、最低限の補償に過ぎません。

加えて、ご自身のお車に対しては、自賠責保険では、補償がされません。

 

任意保険に加入していない理由として多いのが、経済的に厳しいという状況が多く、自費による支払いをあてにするのも難しくなります。

 

事故相手の補償範囲はこちらで選べませんので、無保険車に対しても備えておく必要があります。

 

無保険車傷害特約

特約の中に「無保険車傷害保険特約」という、無保険車との事故でも補償されるものがあります。

ほとんどの任意保険で、加入すれば自動で付帯される特約です。

後遺障害や死亡の時に保険金が払われます。

 

保険金は対人賠償を1億円に設定していれば1億円、無制限ならば、2億円を限度額として支払われます。

より補償範囲の広い「人身傷害保険」を設定した場合は、付帯されません。

 

人身傷害保険の必要性

「自分や家族のケガを補償」する部分では無保険車傷害特約と同じ補償内容です。

「無保険車傷害特約があれば人身傷害保険は必要ないのでは?」と思われるかもしれません。

しかし、人身傷害保険は補償範囲や手厚さが違います。

 

人身傷害保険は、後遺障害や死亡はもちろん、ケガの治療費、入院中の休業補填などでも保険金が支払われます。

また、過失割合によって減額される無保険車特約とは違い、過失割合に関係なく設定金額を上限とした実損額が支払われます。

 

無保険車対策に限らず、補償の範囲や手厚さがある保険です。

 

車両保険

無保険車に事故を起こされた場合、車両保険を使用して、お車を修理することができます。

ただし、車両保険を使用した場合は次年度の等級は3等級下がります。保険を使用するかどうかは保険会社と相談した方がよいでしょう。

なお、車両保険を付帯していない場合は、相手方へ直接請求をする必要があります。

損害額は相手方から直接支払われることになります。

 

弁護士費用特約

任意保険に加入するお金のない方は、経済的に厳しい方が多い傾向にあります。

そんな相手と事故に関わる費用のやり取りをするのは精神的苦痛が伴うこともあります。

そこで、法律の専門家である弁護士に代行してもらうという手段があります。

弁護士費用特約を設定しておくことで、弁護士への依頼費用、成功報酬、雑費などは300万円を限度に保険会社から支払われます。

 

無保険車対策だけでなく、任意保険加入の車との事故でも、相手方の保険会社ともめることも考えられます。他にも、ご自身と相手方の保険会社が一緒の場合などに、弁護士に代行してもらうこともできます。

 

 

まとめ

無保険車対策に使える保険、特約をいくつかご紹介しました。

事故はいつ起こるかわかりません。

この機会に、補償内容を見直してみてはいかがでしょうか。

 

一覧に戻る