三重県の保険の事なら東京海上日動代理店のSKライフ株式会社へ

トップ > 保険コラム > 生命保険 > 生命保険の保険金は、税金を払う必要はありますか?

生命保険の保険金は、税金を払う必要はありますか?

課税対象になる保険金とならない保険金があります。

まず、課税対象にならない保険給付金からお伝えします。

課税対象にならない保険給付金

病気や怪我、障害に関する保険給付金は非課税となるものがあります。(※一部課税対象となるものもあります)

 

入院給付金

被保険者が入院した場合に、被保険者に支払われるお金のことです。

入院日数×1日あたりの給付金額が支払われます。

通院給付金

治療のために通院した場合に、受け取れるお金のことです。

手術給付金

手術をした場合に、受け取れるお金のことです。

特定疾病給付金

がん、急性心筋梗塞、脳卒中のいずれかによって所定の状態になった時に受け取れるお金のことです。

リビング・ニーズ特約の保険金

被保険者の余命が6ヶ月以内と診断された場合に、死亡保険金を生前に受け取ることができます。

 

課税対象になる保険給付金

課税対象となる保険給付金は、以下の様なものがあります。

死亡保険金

被保険者が死亡した時に受け取れるお金のことです。

生存保険金

満期時、あるいは学校の入学時など、一定の年令に達したときの生存に対して受け取れるお金のことです。

満期保険金

生存保険金の一種で、被保険者が満期時まで生存した時に受け取れるお金のことです。

解約返戻金

保険契約の解約や失効、解除の時に受け取れるお金のことです。

 

死亡保険って課税対象なの?

はい、課税対象です。

しかも、被保険者、保険料の負担者及び保険金受取人が誰であるかによって、所得税、相続税、贈与税と異なる税の課税対象となります。

 

所得税が課税される場合

所得税が課税されるのは、保険料の負担者と保険金受取人が同じ場合です。

例えば、被保険者が旦那様、保険料の負担者が奥様、保険金受取人が奥様のような場合です。

この場合、死亡保険金の受取方法により、一時所得もしくは雑所得として課税されます。

 

1.死亡保険金を一時金で受領した場合

死亡保険金を一時金で受領した場合、一時所得になります。

一時所得の金額は、その死亡保険金以外に他の一時所得が無いとすれば、受け取った保険金の総額からすでに払い込んだ保険料または掛金の額を差し引き、更に一時所得の特別控除額50万円を差し引いた金額です。

課税対象になるのは、この金額を更に1/2にした金額です。

 

2.死亡保険金を年金で受領した場合

死亡保険金を年金で受領した場合、雑所得になります。

雑所得の金額は、その年中に受け取った年金の額から、その金額に対応する払込保険料又は掛金の額を差し引いた金額です。

なお、年金を受け取る際には、原則として所得税が源泉徴収されます。

 

相続税が課税される場合

相続税が課税されるのは、被保険者と保険料の負担者が同じ場合です。

例えば、被保険者と保険料の負担者が旦那様で、保険金受取人が奥様のような場合です。

受取人が被保険者の相続人のときは、相続により取得したものとされ、相続人以外が受取人であるときは、遺贈により取得したものとされます。

 

相続により取得された場合、相続税には、各種控除がありますので、相当高額な相続財産がない限りは、控除金額で相殺できるでしょう。

 

贈与税が課税される場合

贈与税が課税される場合は、被保険者、保険料の負担者、保険金の受取人が全て異なる場合です。

例えば、被保険者が奥様、保険料の負担者が旦那様、保険金の受取人がお子様の場合で、奥様が亡くなられた際に死亡保険金の給付を受けた場合です。この場合は、贈与税の対象となります。

 

まとめ

生命保険の課税、非課税についてご紹介致しました。

また、死亡保険では、状況によって、対象となる税金が異なることもお伝えしました。

このことから、死亡保険は受け取り時に保険金にかかる税金が「相続税」となるように、

  • 被保険者=保険証の負担者
  • 受取人は配偶者(または子)

とすることで、各種控除が発生し、税金を抑えることができます。

 

一覧に戻る