三重県の保険の事なら東京海上日動代理店のSKライフ株式会社へ

トップ > 保険コラム > 生命保険 > 生命保険の掛け捨て型と貯蓄型は何を基準に選択すれば良いですか?

生命保険の掛け捨て型と貯蓄型は何を基準に選択すれば良いですか?

掛け捨て型と貯蓄型を選択する基準についてお答え致します。

掛け捨て型と貯蓄型

掛け捨て型の安い生命保険(定期保険)に入るか、貯蓄性のある保険(終身保険など)に入るのか。

どのように選べばよいのか、悩みどころですよね。

掛け捨て型は安いけれども、どうも損をしているように感じてしまう。

貯蓄型は保険料は高いけれども、最終的に戻ってくるなら、貯蓄型のがいいのかな?と思う人も多く、

悩むポイントではないでしょうか。

どのような基準で選べばよいかをお伝えする前に、掛け捨て型が本当に損なのかを考えてみましょう。

 

掛け捨ての生命保険は本当に損なのでしょうか

掛け捨ては保険期間がすぎると補償もなく、代金も戻ってこないため、損している気分にはなります。

 

しかし、貯蓄型であっても、損をする場合があるのです。

それは途中解約した場合です。途中解約をする場合は、解約返戻金という形である程度は戻ってきますが、結局のところ、掛け捨てしたのと同じ程度かそれ以上の損をしてしまうことが有るのです。

貯蓄型の場合は、満期まで払い込めば、保険金+αで戻ってくる生命保険です。

それを途中解約してしまうと、戻ってくる金額は「その時点で貯蓄されている金額×70%」程度だと考られます。詳しくは契約内容により異なりますので、担当者までお問合わせください。

 

このことから考えると、掛け捨て型の生命保険は必ずしも損をしているということにはなりません。

 

結局のところ、掛け捨て型と貯蓄型、どちらが良いの?

掛け捨て型と貯蓄型は、どちらが良いというよりも、場合によって使い分けて頂くことをおすすめします。

一生涯の補償が必要な場合→貯蓄型

保険金を確実に遺族に残したい方、死亡整理金(葬式費用など)や相続対策として使ってほしいと考える人は、貯蓄型の方が安心です。掛け捨て型を更新し続けるという選択肢もありますが、保険料も上がりますし、年齢や健康状態によって断られることもあります。

 

一時的な補償で良い場合→掛け捨て型

子供が成人するまでなど、一定期間の補償を確保したり強化したい場合は掛け捨て型が向いているでしょう。年齢が若ければ、保険料も安くなります。

 

貯蓄は自分でやりたい場合→掛け捨て型

貯蓄型の場合「保険+貯蓄」で成り立っており「貯蓄」部分の運用を保険会社が行っている状態です。結果として、満期まで払い込めば、色がついて戻ってくるわけです。

ご自身で貯金をしたい場合や、運用をされる場合は、補償だけを得られる掛け捨て型の保険で良いでしょう。

 

一覧に戻る