三重県の保険の事なら東京海上日動代理店のSKライフ株式会社へ

トップ > 保険コラム > 自動車保険を安くする方法はありますか?

自動車保険を安くする方法はありますか?

はい、自動車保険を安くする方法はあります。

自動車の維持費の中で大きな割合を占めているのが、自動車保険の保険料。

あなたも毎年安くはない保険料を払っていると思います。

いざという時に必要とは言え、少しでも安くならないか、と考えるのは当然ですよね。

でも、補償内容を下げて安くするのは、いざという時に不安ですよね。

安心してください。相手への補償内容を下げずに、自動車保険を安くする4つのコツがあります。

自動車保険を安くする4つのコツ

1.運転する人を限定できるか条件をチェックする

運転者を限定することで、少しでも安くなる可能性があります。

「運転者限定条件」「年齢条件」をチェックし、お車の使用状況に合わせて特約をつけられないか確認しましょう。

「年齢条件」では「年齢を問わず補償」「21歳以上補償」「26歳以上補償」「30歳以上補償」など、補償対象となる「年齢」で区分します。

「運転者限定条件」では「本人限定」「本人・配偶者限定」「家族限定」など、補償対象となる「人」で区分します。

このように運転する「人」と「年齢」で狭めることで保険料を安くすることができます。

例えば、35歳夫婦で小さな子どもが2人という家族構成で、契約車両を運転するのはご主人のみという場合「35歳以上」「本人・配偶者限定」という条件をつけることで、保険料をぐっと抑えることができます。

 

2.人身傷害保険と搭乗者傷害保険は補償内容をよく検討する

人身傷害保険と搭乗者傷害保険は、ともに自分自身と同乗者を補償する保険です。

ですが、この2つは補償内容が重複しています。

内容をしっかりと確認し、どのぐらいの補償が必要なのかを確認しましょう。

搭乗者傷害保険をなくして人身傷害保険のみを契約することで、保険料を安くすることができます。

さらに人身傷害保険は補償が不足しない範囲で出来る限り低く設定しましょう。

 

3.ムダな特約をつけていないか

自動車保険には様々な特約があります。そのなかでも他の保険と補償内容が重複することが多い特約が「弁護士特約」と「日常生活賠償保険」です。

この2つは火災保険や傷害保険に同様のオプションが無料でついていることがあります。

自分の加入している保険の補償内容を確認しましょう。

 

また「代車特約」という、事故や故障の場合に変わりの車を手配する費用を補償してくれる特約も、場合によっては不要です。

保険会社には提携修理工場への紹介制度がありますので、この制度を利用させてもらえれば、代車は無料で提供されます。

 

4.車両保険をリーズナブルにする

車両保険は、ご自身の車に対しての補償です。

車両保険には補償範囲の広い一般タイプと対車の事故のみ補償されるエコノミータイプがあります。

支払われる事故のタイプが限定されるため、エコノミータイプのほうが保険料が安くなっています。

 

車両保険を付ける場合は、エコノミータイプの車両保険を検討しましょう。

それでも保険料が高い場合は、免責金額(自己負担額)をつけることも合わせて検討しましょう。

車が古い場合などは、車両保険をつけても高く付くだけ、ということもあります。

補償金額と保険料のバランスを考えましょう。

 

まとめ

保険料を安くする4つのコツをお伝えしました。

必要な補償は手厚く残しつつ、他の保険で無料オプションになっているような特約は無駄になりますので、自動車保険以外でご加入されている保険も含めて見直されることをおすすめします。

 

表示するエントリーがありません。

一覧に戻る