三重県の保険の事なら東京海上日動代理店のSKライフ株式会社へ

トップ > 保険コラム > 自動車保険 > 自動車保険はどのような基準で選ぶのが良いでしょうか?

自動車保険はどのような基準で選ぶのが良いでしょうか?

自動車保険を選ぶ上でおさえておきたい5つのポイントをご紹介します。

自動車保険を選ぶ時に、どのような点をおさえれば良いのでしょうか。

自動車保険は事故相手への補償と、自身・搭乗者への補償、契約車両への補償があります。

自動車保険は万が一の備えとして加入しているので、使わずに済む状態が理想です。

そうなると、価格の安さを優先したくなりますが、安さを優先すると、万が一の時に十分な補償がされず、加入している意味が薄くなってしまいます。

仮に交通事故の加害者となってしまっても、被害者に対して十分な補償ができる保険に加入しておく必要があります。

では、自動車保険でおさえておきたい5つのポイントをご紹介します。

 

自動車保険のおさえておきたい5つのポイント

対人賠償保険は、必ず無制限で加入!

まず、他人を死傷させた場合の損害を賠償する対人賠償保険。

こちらは必ず無制限で加入すべきです。今では1億円を超える賠償判決が下ることもあります。

対人賠償保険の上限金額は設けないほうが安心です。

 

対物賠償保険も、できるだけ無制限で加入!

他人の財物に与えた損害を補償する対物賠償保険。

こちらも無制限で加入することをオススメ致します。

対人賠償保険と同様に、建物に損傷を与えた場合や、事故の被害者が高級品を運んでいた場合など、1億円を超える損害が生じることも珍しくないからです。

 

人身傷害保険は3000万円あれば多くの事故をカバー可能!

契約車両に搭乗中に人が死傷した時に補償する人身傷害保険も必要です。

多くの保険会社の人身傷害保険の下限金額は3000万円です。休業補償や慰謝料、通院費、入院費などを含めても3000万円あれば多くの事故をカバーできると考えているからです。

 

車両保険は必要に応じて検討!

車両保険は契約車両に対して損害が発生した場合に補償されます。

車両保険に加入していない場合、ご自身の過失に基づく損害は補償されませんが、最悪の場合でも愛車を失うだけですみます。それを超える損害に発展することはありません。

 

保険会社の選び方!

今は代理店型と通信販売方式のダイレクト型に大別されています。

代理店型は保険加入時や万が一の時に担当者と対面して相談できる安心感があります。

ダイレクト型は、代理店を省くなどコスト低減が徹底され、保険料を安く押さえていることがメリットです。

 

まとめ

自動車保険は相手方への補償、搭乗者への補償がメインの目的となります。

対人賠償保険、対物賠償保険は無制限として、相手方への補償を充実させましょう。

人身賠償保険も同様に、ご自身や搭乗者への補償となりますので、合わせて加入しましょう。

余裕があれば、車両保険も検討する必要がありますが、多額の損害が発生する可能性の高い補償を手厚くしてからです。

保険会社を選ぶ際にも安心感がある代理店型か、安い保険料のダイレクト型かをよく考えましょう。

 

一覧に戻る