三重県の保険の事なら東京海上日動代理店のSKライフ株式会社へ

トップ > 保険コラム > 自動車保険 > 自動車保険の車両保険とは何が補償されるのですか?

自動車保険の車両保険とは何が補償されるのですか?

車両保険はご自身のお車の修理費等を補償する保険です。

契約車両に損害が発生した場合

よくある例では、交通事故により、ご自身のお車が破損した場合です。

事故の相手方から修理代が支払われるから不要では?と思われるかもしれません。

確かに、相手方が自動車保険に加入している場合、相手の対物保障から保険金が支払われます。

 

しかしながら、全額払われない可能性もあります。

事故には過失割合があり、相手から支払われるのは、相手方の過失割合分のみです。

例えば、修理費が10万円で、過失割合があなた:相手=2:8の場合は、8万円は相手から支払われますが、残りの2万円はご自身でご負担する必要があります。

これが、まだ2万円であれば良いですが、場合によっては高額となることもあります。

このような場合に、本来ご自身がご負担する2万円を車両保険からお支払することができます。

また、修理ができないほど破損してしまった場合、車を買い替える費用として保険金を充てることもできます。

 

ただし、車両保険を使用することで、現在の等級から3等級ダウンし、保険料は変わってきます。損害額が少額であれば、車両保険は使わずに、ご自身で支払われたほうが結果として安くなることがあります。

車両保険を使用して修理するかどうかは、担当者とご相談ください。

 

交通事故以外の車両保険での保障

車両保険は最初にお伝えしたとおり、ご自身のお車の修理費等を補償する保険です。

当然、交通事故以外でも、お車を破損する可能性はあります。

交通事故以外で車両保険から保険金が支払われる可能性がある破損をご紹介します。

なお、詳細はご契約の保険会社や保険内容によって異なりますので、自動車保険の担当者へお問合わせください。

 

・電柱、建物など自動車以外の他物との衝突や接触

・あて逃げ

・転覆、転落

・火災、爆発

・盗難

・台風、洪水、高潮

・窓ガラス破損、いたずら

・ものの飛来や落下

・地震、噴火、津波

 

まとめ

車両保険はあくまでも、ご自身のお車に対してのみ有効です。

ですので、自分の車の保障はいらない、という方は、無理して車両保険に入る必要もありません。

激安の中古車の場合、車両保険をかけておくよりも、ちょっとへこんだくらいであれば、そのまま乗るか、修理不能なら買い替えたほうが安くあがるかもしれません。

 

ただ、新車をローンで購入した方や中古でも○百万円するような車を購入した方は、保障がないと少しつらいかもしれませんので、車両保険を検討されることをオススメ致します。

 

一覧に戻る