三重県の保険の事なら東京海上日動代理店のSKライフ株式会社へ

トップ > 保険コラム > 保険加入 > 現在独身ですが、どのような保険が必要でしょうか?

現在独身ですが、どのような保険が必要でしょうか?

はい、独身の方に必要な保険をご案内します。

社会人になると、独身なのに高額な死亡保障のついた生命保険を営業に進められるという話をよく聞きますが、本当に高額な死亡保障が必要なのでしょうか。

 

独身の場合は医療保険を中心に検討しましょう

高額な死亡保障が必要な場合について考えてみましょう。

ご結婚されていて、お子様がいらっしゃる場合などは、お子様が大学を卒業するまでの生活費や学費、住宅ローン等を工面する必要があるため、高額な死亡保障が必要となるでしょう。

しかし、独身の方の場合、特に高額な死亡保障は必要ありません。

もし、保険を考えるのであれば、医療保険を中心として検討なさるのがよろしいでしょう。

 

死亡保障は葬儀代程度を準備する

2000万、3000万の死亡保障を準備する必要は無いでしょう。

200万~300万円ほどの葬儀代程度の金額を、一生涯保証が続く終身保険で準備しておけば十分でしょう。

 

終身保険は、保険料が割安な低解約返戻金型終身保険をオススメ致します。お金を貯めることもできますので、老後の貯蓄も兼ねて加入するのもいいかもしれません。

低解約返戻金型終身保険とは、保険料払い込み期間中の解約返戻金が低い代わりに、保険料が安く設定されている終身保険の事を言います。保険料を払い込むまでは解約返戻率が100%を下回り、解約してしまうと損になってしまいますが、払い込んだ後は解約返戻率がそれまでの保険料を上回ります。

 

年代関係なく必要な医療保険

独身の場合、高額な死亡保障よりも、年齢関係なく必要な医療保険の優先度が高くなります。

 

医療保険は入院した場合に給付金が支払われます。入院すると入院費がかかり、せっかく貯めた貯金を取り崩したり、仕事に支障が出る可能性があります。

 

入院をすると、精神的にも不安になりますが、医療保険に加入していると入院費の心配が軽減されます。

ただし、高額療養費精度や疾病手当金という公的医療保険制度があるため、最低限ご自身が安心できる医療保険で十分だと考えられます。

 

がんが気になる人にはがん保険

病気の場合は医療保険が中心ですが、がんと診断された時におおきな保証を受けられるがん保険があります。

 

がんも医療保険から補償を受けられますが、仕事に支障が出たり、治療費が大きな負担になりますので、がんに備えて、がん保険に加入することも選択肢の一つです。

がんの種類には遺伝性腫瘍ということもありますので、身内に遺伝性腫瘍の方がいる場合は、がん保険への加入は積極的に検討してください。

 

老後の積立をするなら個人年金保険や個人型確定拠出年金

もし、生活に余裕があり、将来の貯蓄が考えられる状況であれば、個人年金保険や個人型確定拠出年金で老後の貯蓄をしていくことも必要です。

ただ、保険というよりも将来の貯蓄なので、余裕ができた時に検討しましょう。

 

保険料の支払いが難しい場合は優先順位をつけましょう

独身でも必要な保証を記載しましたが、全てに加入をすると保険料が高くなりすぎることがあります。

保険料が高くて、生活に支障が出てしまうのは、よくありません。

 

とくに若くて収入がまだ少ない場合には、しっかりと優先順位を決めて、シンプルな保険にしましょう。シンプルな保険にすることで、保険料を押さえることができます。

 

優先順位の一例をご紹介します。

1.医療保険

2.がん保険

3.終身保険

4.個人年金保険、個人型確定拠出年金

 

まとめ

保険には様々な種類がありますが、今の自分に必要だと思う保障を整理してから商品を選択しましょう。保険料の支払いが難しい場合には、シンプルな保険を優先順位をつけて選択しましょう。

 

一覧に戻る