三重県の保険の事なら東京海上日動代理店のSKライフ株式会社へ

トップ > 保険コラム > 自動車保険 > 自賠責保険と自動車保険の違いはなんですか?

自賠責保険と自動車保険の違いはなんですか?

自賠責保険と自動車保険の違いについてご説明します。

自動車保険の種類とは

自動車保険には自賠責保険と自動車保険の2種類があります。

自賠責保険は、全ての自動車(二輪・原付を含む)に加入が義務付けられている保険で強制保険と呼ばれることもあります。

もう一つは自動車保険で、自賠責保険ではカバーしきれない部分を補うことを目的としています。任意で加入するため、任意保険と呼ばれることもあります。

 

自賠責保険と自動車保険は何が違うの?

自賠責保険と自動車保険では補償範囲に違いがあります。

自賠責保険では相手方の「ドライバー・搭乗者」に対してのみ補償されます。相手方の車や積載物、ご自身への補償は一切ありません。

また、補償には限度額が設定されています。相手方のドライバー・搭乗者が死亡した場合に3000万円まで、負傷時に120万円まで、後遺障害が発生した場合は75~3000万円まで(重度後遺障害の場合は4000万円まで)が補償範囲です。

 

自動車保険では、契約範囲内で、自賠責保険でフォローしきれない金額、相手方の車、積載物、ご自身への補償、示談交渉の代行が補償範囲となります。

 

事故が起きたときの補償の違いは?

事例をもとに自動車保険に加入している場合と未加入の場合で、自己負担額がどれだけ違ってくるのかを比べてみましょう。

 

・歩行者にケガを追わせてしまった場合

車を運転中に誤って横断歩道を横断中の歩行者にケガを負わせてしまいました。

被害者への治療費や休業損害、慰謝料など、300万円の損害賠償金を請求されました。

 

自動車保険に未加入の場合、自賠責保険の限度額が120万円ですから、不足額の180万円は自己負担となります。さらに相手方との示談交渉や自賠責保険の保険金請求もご自身で行う必要があります。

 

自動車保険に加入されている場合、損賠賠償金額300万円から自賠責保険の120万円を引いた不足金額の180万円は自動車保険から補償されます。しかも、相手方の示談交渉は保険会社が行うことができますし、自賠責保険の保険金請求も保険会社が代行できます。

 

物損事故では高額な賠償金を請求されることもあります

例えば、事故で店舗や車などに突っ込んでしまった場合など、思わぬ高額賠償を被るケースもあります。

積荷に呉服、洋服、毛皮が被害にあった物件では、2億6135万円。

パチンコ店に突っ込んでしまった場合では、1億3580万円。

トレーラーが被害物件の場合、1億1798万円。

 

自賠責保険では、対物に対しての補償は一切ありませんので、もし、事故を起こして何かを壊してしまった、傷をつけてしまった場合は全てが自己負担となります。

自動車保険に加入していて、対物補償を無制限にしていれば、そんな心配はありませんよね。

 

まとめ

自賠責保険と自動車保険の違いについてご紹介致しました。

自賠責保険では補償範囲が非常に限定的なため、フォローできる範囲が限られてしまいます。

自動車保険では、自賠責保険でフォローしきれない範囲を補償してもらえます。

相手方やご自身に対して十分な補償をするためには、自動車保険に加入することは必須ではないでしょうか。

 

一覧に戻る