三重県の保険の事なら東京海上日動代理店のSKライフ株式会社へ

トップ > 保険コラム > 火災保険 > 火災保険の補償内容を教えてください。

火災保険の補償内容を教えてください。

火災保険の補償内容についてお答え致します。

火災保険の補償内容

「火災保険」という名称ではありますが、保証できる内容は「火災」だけではありません。

風災・ひょう災・雪災などの自然災害はもちろん、盗難・空き巣の損害まで補償を受けることができます。

ただし、契約範囲によって補償範囲が異なってきますので、新規加入や見直しをご検討の方は、

ご自身にとってどの補償が必要なのかをお考えください。基本的には補償範囲が狭いプランのほうが、保険料も安くなります。

ご自身の契約している火災保険の詳細な補償内容をご確認される場合は、保険証券にてご確認いただくか、担当者までお問合わせください。

 

では、火災保険にてカバーできる内容をご紹介致します。

火災

商品名になっているわけですから、もちろん火災の損害を補償することは可能です。

自宅の火の元に十分注意されていたとしても、いつ隣家や近所で発生した火事の影響を受けるかはわかりません(もらい火)。また、無差別な放火の被害を受ける可能性もゼロではありません。

もらい火や放火も補償されます。また、消火活動によって水浸しになってしまった場合も火災保険にて補償してもらえます。

 

落雷

落雷によって住宅内の家財が故障したり、火事が発生してしまうという事例も多くあります。

特に最近はパソコンが広く普及したこともあり、落雷によって大切なデータが吹き飛んでしまうなども考えられます。残念ながらデータ復旧のための費用は補償されませんが、家財が受けた損害の保障は火災保険で行うことができます。

 

破裂・爆発

「破裂・爆発」といった言葉だけですとわかりづらいですが、具体的には「気体や蒸気が急激に膨張して発生した破裂や爆発」を意味します。これでもわかりづらいと思いますので、例として「料理を作っている時にガスボンベが爆発した」「急に消火器が暴発した」などのケースも火災保険の補償内容の一つです。

 

風災・ひょう災・雪災

保険会社のパンフレットや保険証券では「風災・ひょう災・雪災」という形で表示されていることが多いです。

風災とは、台風、旋風、暴風、暴風雨等による被害のことを意味します。台風で雨樋が外れてしまい修理をする必要がある場合なども補償範囲となることもあります。

雪災は、豪雪、雪崩などによる被害のことを意味します。雪がふらない地域の方であれば、不要な補償かもしれませんが、積雪量の多い地域にお住まいの方は必ず積載の補償もつけておきましょう。

ひょう災は小さなひょうであれば無害であることがほとんどですが、まれに非常に大きいひょうが降ることもありますので、注意が必要です。

 

水災

洪水によって床下浸水や床上浸水が発生した場合でも、しっかりと補償を受けられます。

河川の周辺や低地にお住まいの方はかならず水災も補償範囲に含みましょう。

 

建物外部からの物体の落下・飛来・衝突など

火災や落雷などと違い、漠然としていて、若干わかりにくい項目ではあります。

具体的には上空を飛ぶヘリコプターから何か落ちてきたり、自動車が家に突っ込んできたなどの被害を補償する内容となります。

 

水漏れ

マンションやアパートなどの共同住宅で起きやすいご近所トラブルの一つに水漏れ事故があります。

漏水と表記されることもありますが、自分が原因で階下の部屋に損害を与えてしまった場合は、火災保険で補償してもらうことができます。

 

盗難・空き巣

戸建てでもマンションでも盗難被害は後を絶ちません。いくら戸締まりをしっかりとしても空き巣に入られる可能性は十分にありますので、盗難被害を補償できる火災保険に加入しておくようにしましょう。

 

不測かつ突発的な事故(破損・汚損)

うっかり窓ガラスを割ってしまったり、うっかりテレビを落としてしまったりした場合に補償されます。補償の対象が家財なのか、建物なのかによって、補償されるモノが変わってきますので、担当者にご確認ください。

 

まとめ

火災保険の補償内容についてご紹介致しました。

火災保険という名前から当然、火災は補償されますが、自然災害から、そんなことまで?!と思う内容まで補償範囲となります。

但し、契約内容によって補償範囲は異なりますので、保険証券や担当者にご確認ください。

また、新規加入や見直しの方はご自身に必要な補償をしっかりと見極めることで、火災保険料を節約することもできます。

 

一覧に戻る