三重県の保険の事なら東京海上日動代理店のSKライフ株式会社へ

トップ > 保険コラム > 確定拠出年金 > 個人型確定拠出年金とはどのようなものですか?

個人型確定拠出年金とはどのようなものですか?

個人型確定拠出年金(愛称:イデコ)についてお答え致します。

個人型確定拠出年金とは…

個人で行う確定拠出年金のことです。

では、確定拠出年金とは何か、ということですが、まず日本の年金制度から説明致します。

 

日本の年金制度とは?

日本の年金制度は、3つの年金から成る「3階建て」と呼ばれています。

 

1階部分として、20歳以上の全国民が加入する国民年金があります。これは、加入期間の長さによってもらえる金額が決まる仕組みです。

 

2階部分として、サラリーマンや公務員等が加入する厚生年金保険、自営業・フリーランスが加入する国民年金基金があります。厚生年金保険は強制加入ですので、選択の自由はありません。一方国民年金基金は任意加入です。加入すると追加の掛金が生じますが、将来受け取れる年金額が増加するメリットがあります。

 

3階部分として、従業員を対象として企業が独自に運営する確定給付企業年金があります。企業によっては、高額の年金が受け取れる場合もあるのが現状です。

これらの年金制度に加え、個人として積立を行う確定拠出年金が登場しました。

 

確定拠出年金とは?

企業や加入者が毎月一定額の掛金を拠出して、自分で運用します。

イメージとしては、支払われた掛金が自分の口座に積み立てられ、運用して得られた給付金が将来的には自分に戻ってくると考えるといいでしょう。そのため、運用の結果次第で将来受け取れる年金の額は違ってきます。

 

確定拠出年金のメリットとは?

  • 掛け金に比例して、所得税や住民税が一定額まで優遇される=節税できる
  • この制度を利用して生まれた利益は非課税となる
  • 運用がうまくいけば、年金を上乗せできる

 

例えば、所得が400万円の会社員で、確定拠出年金として月に掛金の上限である23,000円を運用に回した場合、所得税・住民税が年間84,000円戻ってくる計算になります。

仮に10年、20年続けたなら、84万円、168万円が還付される計算となります。

 

確定拠出年金のデメリットは?

確定拠出年金のデメリットを3つご紹介します。

  • 原則60歳になるまでお金を受け取れない

 確定拠出年金は、原則60歳までお金を引き出せません。ですから、5年後、10年後に使うような短期の運用に向きません。

  • 老後にもらえる年金が確定しない

 年金運用を自分で行うため、運用結果が自分に跳ね返ってきます。運用が不調だと、年金額が減ることもあります。ただし、定期預金を年金運用の手段として利用することで、税制上のメリットを受けつつ、将来の資産を作ることもできます。

  • 確定拠出年金ならではの手数料がかかる

 確定拠出年金を利用するときには「加入時の手数料+口座管理手数料」など、通常の資産運用にはない手数料がかかります。通常の投資信託の運用ですと「運用管理費用」や「買付手数料」が主な費用といえます。しかし、確定拠出年金制度を利用し資産運用をおこなう場合は、上記の費用に加え「年金制度加入時の手数料」や「資産運用を実施する金融機関に支払う手数料」などが、追加費用としてかかってくるきます。ただし、個人型の場合は金融機関選びによってコストを減らすことができます

 

まとめ

確定拠出年金についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

確定拠出年金にはいくつかのデメリットがあります。しかし、デメリットをコントロールしつつ税制優遇のメリットを受けることができます。

国民年金の先行きが不透明な現代、リスクを考えながら、確定拠出年金を運用してみるのも良いのではないでしょうか。

 

一覧に戻る