三重県の保険の事なら東京海上日動代理店のSKライフ株式会社へ

トップ > 保険コラム > 生命保険 > 生命保険でよくあるトラブルはなんですか?

生命保険でよくあるトラブルはなんですか?

生命保険の最も多いトラブルをご紹介します。

保険金・給付金が支払われない?

生命保険は、万が一の時に保険金や給付金が支払われます。

しかし、万が一の時にも保険金や給付金が支払われず、トラブルになることがあります。

 

保険金・給付金が支払われない理由

保険金・給付金が支払われない原因は、残念ながら、被保険者の方に有ることが多いです。

その理由は「告知義務違反」によるものです。

告知義務違反に該当してしまうと、たとえ保険金・給付金の支払事由に該当していたとしても、支払いを拒否されてしまいます。

 

告知義務違反?

告知義務とは「契約時に自分自身の病歴等について知らせること」をいいます。

生命保険では、契約時に告知義務があります。告知義務を怠ると、告知義務違反となり、保険金・給付金が支払われなくなる可能性があります。

 

生命保険は、基本的に健康体であることを前提に死亡率から保険料を設定しています。

その為、健康に問題がある人が加入してしまうと、死亡率に狂いが生じてしまう上、その方が入退院を繰り返し、そのたびに給付金を請求していれば、他の健康な人の保険料から給付金が払われるので、不公平になってしまいます。

そのため、保険会社では提出書類をもとに審査して、健康な人の中に不健康な人が混ざらないようにしています。

 

告知内容は保険会社により異なりますが、すべてを正直に告知しないと、告知義務違反として生命保険の保険金・給付金が支払われなくなってしまいます。

 

どうして告知義務違反になってしまう?

悪意を持って告知義務違反をしているのではなく、そこまで深刻な問題だとわからずに違反してしまっている場合が多いです。

例えば「この前かぜで病院行ったけど、わざわざ言わなくてもいいよね」と言った具合に、些細な事だから言わないという場合です。しかし、どんな些細な事であっても、告知事項にある質問内容に該当項目があれば、必ず告知しなくてはいけません。

 

他にも、婦人科や泌尿器科系の病気など、他人にはあまり言いたくないことってありますよね。

でも、そういったことでも正直に告知しなければ、保険金が支払われない可能性が有るのです。

生命保険の契約時には担当者に病歴や持病について事細かに報告しなければなりません。

ですから、知り合いの担当者と契約することは避けたほうが良いでしょう。

知り合いですと、プライバシーに関わる部分ですから、知られたくないこともあるでしょう。

しかし、保険会社にとっては関係なく、告知義務違反になってしまいますから、十分に注意しましょう。

 

なぜ後から告知義務違反とわかるの?

申込時ではなく、保険金請求時にわかる理由としては、保険金の請求があった際に、健康保険の記録などを調べて告知義務違反がなかったかを確認するためです。

申込時に告知義務違反があったとしても、基本的には告知内容を信頼して審査するため、保険会社も気づかないことが多いのです。

請求時に告知義務違反と分かれば、保険金が支払われないことはもちろん、今まで払ってきた保険料も全て無駄になってしいますので、どんな些細な事であっても、全て報告しましょう。

 

一覧に戻る