三重県の保険の事なら東京海上日動代理店のSKライフ株式会社へ

トップ > 保険コラム > よくある質問 > 保険の種類はどのようなものがありますか?

保険の種類はどのようなものがありますか?

はい、保険の種類についてお答えします。

保険は大きく2つに分類される

一口に「保険」と言っても、実に多くの種類がありますが、大きく2つに分類することができます。

「生命保険」と「損害保険」の2つです。

では、それぞれどういう保険なのか、ご紹介致します。

 

「人」に関わる「生命保険」

私たちが生きていく上で、病気やケガ、介護、そして死亡など、身体上のアクシデントを

避けては通れません。これらのアクシデントにより、生活が困難になったり、思い描いていた生活が実現できなくなってしまうこともあります。

想定外の事態に、まとまったお金を受け取れるように備えるのが「生命保険」です。

 

生命保険は、万が一、あなたが亡くなった時に、残された遺族の生活費を確保するというニーズから死亡保険が生まれました。

今では、生命保険では死亡だけでなく、その他の身体上のアクシデントに備え、対応する範囲も広げてきました。それが、病気やケガをした時にかかる入院や手術の費用に備える医療保険や生命保険の医療特約です。医療保険のうち、がんだけに特化したものを「がん保険」、介護状態になったときに補償を受けられるものを「介護保険」といいます。

 

将来必要とされる資金を計画的に準備することを目的とした保険もあります。

老後の生活資金を積みたてる「年金保険」、万が一の補償と資産形成を兼ね備えた「養老保険」、子供の教育費を準備する「学資保険」や「こども保険」などが該当します。

 

「モノ」に関わる「損害保険」

交通事故や火災、地震などの自然災害、盗難等、身体以外のアクシデントに見舞われる可能性もあります。これらのアクシデントでは、住まいや車などの「モノ」が損害を受けます。

「モノ」の損害で発生した費用を補償する保険が「損害保険」です。

 

車を対象とした保険では、全ての自動車(バイク含む)を対象に加入義務のある「自賠責保険」や、任意で契約する「自動車保険」があります。

自賠責保険は、自動車の保有者や運転者が、他人を死傷させた場合に、その損害賠償が補償されます。

自動車保険は、自賠責保険ではカバーできない損害を補償します。

 

住まいの保険では、建物や家財に損害が生じた時に損害額を補償する保険です。損害の原因が火災や風水害の場合は「火災保険」、地震や噴火、それに伴う津波の場合を対象とするのが「地震保険」です。

 

損害保険の中にも「人」に関わる保険があります。それが「傷害保険」です。傷害保険では、急激・偶然・外来の事故によるけがなどのアクシデントを対象にしています。例えば、階段で足を滑らせて骨折した場合などに補償される「普通傷害保険」や、対象を家族に限定した「家族傷害保険」、交通事故に限定した「交通事故傷害保険」、旅行中のケガや携行品の損害等を補償する「国内旅行傷害保険」「海外旅行傷害保険」などがあります。

 

まとめ

大きな分類を2つご紹介しました。

生命保険は生命保険会社、損害保険は損害保険会社が取り扱うのが基本です。

しかし、がん保険、傷害保険、介護保険などは「第三分野」と呼ばれ、生命保険会社、損害保険会社の両方が扱っています。

生命保険、損害保険の枠にとらわれ過ぎず、しっかりとご自身にあった補償を選ぶことこそ、保険選びをする上で一番大切なことではないでしょうか。

ぜひ、最寄りの保険代理店までご相談ください。

 

一覧に戻る